明治神宮大会に向けて、九州国際大・丸田隆成投手

宮城知秀, 九州国際大, 丸田隆成, 高椋俊平, 宮崎竜之介

明治神宮大会大学の部の初戦は、九州国際大と上武大の対戦となる。九州国際大は1年生の高椋俊平投手がエースとしての活躍をしているが、3年生の丸田隆成投手も負けていない。

1年生が注目される

今年の九州国際大は春のリーグ戦前から1年生が注目されていた。柳川出身の高椋俊平投手は抜群の安定感が、宇部工出身の江口賢太投手は145キロの速球が、熊毛南出身の山本晃希投手と、西市高出身の山本晃希投手は180cmを超す身長から140キロを超す速球を投げる投手として話題になっていた。

その期待通りに高椋投手がリーグ戦でもエース格として活躍をみせ、明治神宮出場を決める九州大学野球選手権大会でも決勝の九州共立大戦で2失点完投し明治神宮大会出場を決めた。

しかし1年生の活躍に悔しさを感じていた選手がいる。丸田隆成投手は「春から1年生ばかりが注目され悔しかった」と話した。その丸田投手は今春のリーグ戦で147キロを記録すると、この秋のリーグ戦で4勝0敗の成績を残してMVPを獲得、九州大学野球選手権でも準々決勝の沖縄大戦で延長14回までを1失点に抑える好投を見せ、チームも延長17回に勝ち越して2-1で勝利し、明治神宮大会出場の立役者となった。

肩を痛めてベンチを外れていた山本晃希投手も復帰し、1年生とともに3年生の丸田選手も注目だ。

 

野手も注目

九州国際大では2年生の宮城知秀投手と3年生の宮崎竜之介選手も注目。宮城選手はいったん西濃運輸に進んだものの退部して九州国際大に入学し、1年生の秋は4本塁打でホームラン王、今秋は打率.472を記録し首位打者に輝いている。130m級の特大弾も放つ選手。

また4番もうつ宮崎選手は今秋打率.462でリーグ2位の成績を見せる。早鞆高校時代に甲子園に出場している選手でこちらも注目される。

明治神宮大会大学の部の組み合わせと注目選手

若い投手力で九国大、打倒関東勢 西日本スポーツ紙面 2015/11/12

 


PAGE TOP