九共大・片山勢三選手が1試合2発、卒業後はパナソニックへ

九州共立大, 片山勢三, 名城大, 栗林良吏

明治神宮大会、九州共立大は片山勢三選手の3ランホームランと2ランホームランで、名城大との対戦に8-7で打ち勝った。

大会タイ記録

片山勢三選手は176cmだが110kgの巨漢選手で、その体から抜群のパワーある打撃を見せる。

この日は名城大の来年のドラフト候補・栗林良吏投手から、初回にスライダーを捉えてレフトへ3ランホームラン、5回には外角のストレートを捉えてライト方向に2ランホームランを放った。1試合2本塁打は、駒澤大・中畑選手、青学大・井口選手などに並ぶタイ記録。

卒業後はパナソニックに進む片山選手、まずはこの大会で、今日のことは忘れて、もう一回打ち勝つつもりでいきたい」と話した。

栗林投手、力見せられず

名城大の栗林良吏投手は最速148キロを記録したものの、8回を投げて12安打を浴びて7失点、8つの三振を奪ったものの3本塁打を浴びた。

「右打者に右方向に打たれたのも、1試合3発も初めて・・・。打たれまいと力んで高めに浮いたところをやられた」と話した。

リーグ戦では完封など素晴らしい投球を見せるが、全国大会ではピリッとしたピッチングはまだ見せられていない。来年の大学野球選手権でその姿を見せられるかどうかで、秋のドラフト会議の評価が決まってきそうだ。

明治神宮大会(2017)大学の部、対戦カードと注目選手

九州共立大の“おかわり君”片山が、2本のアーチを神宮の夜空にかけた。相手の来秋ドラフト候補右腕・栗林から、初回はスライダーを左越えに運ぶ逆転3ラン。五回は外角直球を右越え2ラン。駒大・中畑、青学大・井口らの大会記録に並ぶ1試合2発に「光栄。ありがたい」と喜んだ。

176センチ、110キロの4番、片山勢三内野手(4年=門司学園)が、大会タイ記録に並ぶ1試合2本塁打を放った。過去には駒大・中畑や青学大・井口らが作った大記録。福岡6大学リーグ戦で、九産大・草場亮太投手(4年=伊万里商)から1試合2本塁打を放ったことがあるが、野球人生初の全国舞台での2本塁打に笑みがはじけた。「感触はバッチリ。初めての全国舞台で不安もありましたが、結果が出て楽な気持ちで次にのぞめます」。


PAGE TOP