2013年全日本大学野球選手権大会 第3日目の対戦カードと注目選手

 大学野球選手権3日目の対戦カードと試合毎の注目選手をまとめました。観戦にご活用ください。

神宮球場第1試合

上武大(関甲新)天理大(阪神)
横田哲 投手
4年
170cm
67kg
左右
小柄ながら145km/h記録し今季MVP、ベストナインに選ばれるB藤谷修平 投手
4年
182cm
78kg
右右
149km/hの速球記録しプロ注目、打たせて取る粘りの投球
池谷大樹 投手
4年
180cm
72kg
右右
130km中盤をマークでエース格の活躍C山崎悟 投手
3年
179cm
82kg
右右
2番手投手として安定した投球見せた
大谷昇吾 内野手
3年
175cm
68kg
右左
 今季サイクルヒットなど5本塁打、打率.412で首位打者など2冠A吉村昂祐 内野手
1年
187cm
80kg
右右
大型遊撃手としてプロから注目された。飛距離十分
小川裕生 外野手
4年
185cm
75kg
左左
大柄だが50m6.0秒記録し今季11盗塁で盗塁王B山本竜也 投手
1年
179cm
72kg
右右
天理高校で145km/hの速球で活躍した


 東京ドーム第1試合

愛知大(愛知)桐蔭横浜大(神奈川)
森貴之 投手
3年
173cm
73kg
右右
愛産大戦で5安打11奪三振1失点完投などエース格、ベストナイン小野和博 投手
4年
180cm
78kg
右右
昨年秋の明治神宮大会で亜大、法大などを完封し優勝B
横山弘樹 投手
4年
187cm
85kg
右右
長身から148km/hのストレート、制球課題もプロ注目
西潟栄樹 外野手
3年
176cm
76kg
右右
パンチ力があり、2年秋の明治神宮大会で満塁弾
喜納淳弥 内野手
3年
174cm
73kg
右左
左投手キラーで、岩貞祐太投手からもホームラン記録
西村純季 投手
3年
180cm
72kg
右右
2番手投手として好投見せる。元プロの兄・優希投手を追う

  東京ドーム第2試合

日本文理大(九州地区)東北福祉大(仙台六)
浦塚翔太 投手
4年
175cm
76kg
右右
149km/hのストレートとスライダーを投げプロ注目高橋陽平 投手
2年
176cm
71kg
左左
東陵高校時に被災しながらも一人でランニングを続けた。MVP獲得
麻生健斗 捕手
3年
178cm
80kg
右右
大分高時は強肩内野手として注目も、大学で捕手に転向伊藤直輝 投手
4年
177cm
73kg
右右
日本文理で準優勝、140km前後のキレのある球魅力
三好銀次 投手
3年
171cm
75kg
右右
高校時は147km/h速球と通算45本塁打記録佐藤優 投手
2年
185cm
74kg
右左
古川学園時145kmで注目、リーグ戦でも中継ぎで登板
栄光貴 投手
2年
180cm
82kg
右右
144km/hの速球に安定感あるピッチングで先発任される永田恭一 外野手
4年
177cm
77kg
右右
3番を打ち、俊足も見せる
田中豊樹 投手
2年
180cm
86kg
右右
147km/hの速球投げる力のある投手辻本一麿 内野手
2年
181cm
73kg
右右
大型内野手、1年でサードのレギュラー獲得し本塁打も放った。
城間竜兵 投手
1年
171cm
75kg
右右
光星学院春夏連続準優勝のエース。1年で大学登板も
出口心海 投手
1年
183cm
80kg
左左
プロが注目した大型左腕投手。
上村健人 外野手
2年
184cm
89kg
右左
東北高校で主将。指名打者として打撃を鍛える

 東京ドーム第3試合

日本体育大(首都)京都産業大(関西六)
平野智基 捕手
4年
177cm
82kg
右右
3番捕手を務め優勝に貢献、チャンスに強いバッティング光る岩橋慶侍 投手
4年
185cm
75kg
左左
プロ12球団注目の大型左腕、今季8勝挙げる
樋口宇大 投手
3年
175cm
70kg
右右
城西大戦で好投するなどチームのエース山田和毅 投手
4年
172cm
69kg
左左
2番手を務める左腕。テンポ良い投球
大貫晋一 投手
2年
181cm
72kg
右右
しなやかなフォームが特徴の投手で今季ベストナインを獲得井上真伊人 投手
2年
176cm
72kg
右右
加古川北で大阪桐蔭を完封するなど粘りの投球で0を並べた
龍田祐貴 投手
2年
172cm
71kg
右右
徳島商で148km/h記録し甲子園でも活躍した安陵智哉 内野手
2年
187cm
92kg
右右
市和歌山時代にプロ注目のスラッガー
小川慶也 投手
1年
185cm
75kg
右右
西条高校でプロ注目の大型右腕。
菅沼賢一 内野手
1年
180cm
74kg
右右
日大三優勝メンバー、日体大に入学しなおした。パンチ力もある

 東京ドーム第4試合

富士大(北東北)福岡大(九州六)
山川穂高 内野手
4年
175cm
90kg
右右
今季3本塁打を記録、プロ注目の大学屈指のスラッガー梅野隆太郎
捕手 4年
172cm
74kg
右右
高校通算24本塁打のパンチ力に強肩
多和田真三郎 投手
2年
180cm
70kg
右右
昨年明治神宮大会でノーヒットノーラン、今季は失点重ね不調大森健志 投手
3年
171cm
73kg
左左
今季3連続完封など35イニング連続無失点防御率0.45
上田昌人 投手
3年
183cm
89kg
右右
キレイなフォームから145km/h記録。素質は高いが実績まだ唐仁原志貴 投手
2年
184cm
75kg
左左
184cmの長身から143km/hのストレート、2番手として5勝記録
神田駿介 投手
3年
182cm
71kg
右右
今季2番手先発を任され、岩手大戦で13奪三振など3勝記録松田亮汰 外野手
3年
174cm
70kg
右右
打率.345記録し優勝に貢献した
大向涼介 内野手
2年
180cm
85kg
右右
盛岡中央高校で投打にプロ注目、大学では内野手に専念
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント