2018年度の12球団のドラフトを予想します。広島カープ編、10月11日更新

吉田輝星, 金足農

No Image
この日、プロ志望届を提出した金足農の吉田輝星投手について、各球団からも反応が出ている。最終的に吉田投手には何球団が1位指名するか。

吉田輝星, 金足農

No Image
夏の甲子園大会で準優勝した金足農の152キロエース・吉田輝星投手が記者会見し、プロ志望を表明した。

根尾昂, 原辰徳

巨人は山口オーナーが原辰徳氏に監督就任を要請し、前向きな返答があったことを明かした。原氏には編成も含めた全権を任せる予定で、ドラフト会議が初仕事となる。

松本航, 山上大輔, 上茶谷大河

オリックスは10日、大阪市内の球団事務所でスカウト会議を開き、大学生・社会人の候補者の最終的なランク付けを行った。その中で立命館大の150キロ右腕・山上大輔投手がリストアップされたことが分かった。

大阪桐蔭, 横川凱, 垣越建伸, 山梨学院高

中日は、大阪桐蔭の横川凱投手、山梨学院の垣越建伸投手の高校生左腕投手を獲得候補に挙げていることが分かった。

大阪桐蔭, 横川凱, 藤原恭大, 根尾昂, 柿木蓮

柿木蓮投手、横川凱投手、根尾昂選手、藤原恭大選手がプロ志望届を提出している大阪桐蔭に、10月10日には東京ヤクルトと福岡ソフトバンクのスカウトが訪問したことが分かった。

No Image
ドラフト会議まであと3週間を切り、来週にはプロ志望届の提出も締め切られる。スポーツ紙各紙でもドラフト関連の記事が1面を飾るようになってきた。スポーツ紙各紙が考える今年のドラフト1位候補と、各球団の1位指名をまとめる。10月11日現在

東洋大, 甲斐野央, 上茶谷大河

No Image
東洋大は、前日に球速が140キロ台しか出ずにサヨナラ本塁打を打たれた甲斐野央投手が、同点の延長10回から登板し、153キロを記録するストレート投げ、2回をノーヒット無失点に抑え、サヨナラ勝利に貢献した。

亜細亜大, 頓宮裕真

亜細亜大のスラッガー・頓宮裕真選手が、3試合連続ホームランを放ち今季5本目、今年だけで10本塁打を記録した。またこの日、プロ志望届を提出した。

スポンサーリンク
PAGE TOP