森下暢仁

広島はドラフト1位で指名した明治大の森下暢仁投手と、契約金1億円+出来高5000万円、年俸はフライング気味の1600万円で仮契約を交わした。背番号は前田健太投手が付けた18となる。

横山陸人

千葉ロッテはドラフト4位で指名した専大松戸・横山陸人投手と、契約金4000万円、年俸560万円で仮契約を交わした。高橋礼投手の後輩サイドハンドに期待。

法政大, 古屋敷匠真, 平元銀次郎

No Image
東京六大学フレッシュトーナメントは2日目が行われ、法政大は2年生となる152キロ右腕の古屋敷匠真投手が先発した。

奥川恭伸

東京ヤクルトはこの日、ドラフト1位指名の奥川恭伸投手のいる星稜に、橿渕スカウトグループデスク、担当の阿部スカウトが訪問し、仮契約前の異例の面談を行った。

佐藤都志也

千葉ロッテはドラフト2位で指名した東洋大・佐藤都志也選手と、契約金7000万円、年俸1200万円で合意した。佐々木投手と最優秀バッテリー賞目指す。

浜屋将太

埼玉西武は11月6日、ドラフト2位で指名した三菱日立パワーシステムズの浜屋将太投手に指名あいさつをした。あまりのイケメンに潮崎編成グループディレクターは「人気が出過ぎたら・・・」と心配した。

No Image
明治大・善波監督、慶応義塾大・大久保監督が退任をする。この二人の名将が同じ時期に優勝を競い合った東京六大学は、一つの黄金時代だったのかもしれない。

明治大, 高橋聖人

No Image
東京六大学の1,2年生が対戦するフレッシュトーナメントが行われ、小諸商出身の明治大の2年生・高橋聖人投手が、早稲田大を相手に8回3安打13奪三振無失点の投球を見せた。

竹内龍臣

中日はドラフト6位で指名した札幌創生の竹内龍臣投手と、契約金2500万円、年俸550万円で仮契約を交わした。札幌創生の遠田誠治監督は1987年から1992年まで中日に在籍していた。

坂本裕哉

横浜DeNAはドラフト2位で指名した立命館大の坂本裕哉投手と、契約金7150万円、年俸1265万円で仮契約した。背番号は20。端数のある契約金と年俸が話題になっている(なってない)。

スポンサーリンク
PAGE TOP