近畿大, 佐藤輝明

No Image
今年のドラフト戦線で12球団が上位候補に挙げるのが、大学NO.1スラッガーで50m6.0秒の足もあり、内野・外野を守れる近畿大の佐藤輝明選手だ。

No Image
東都大学野球連盟は3月23日に臨時理事会と評議員会を開き、春季リーグ戦の1部から4部までの開幕を、当初の4月6日から4月27日以降に延期することを決定した。

法政大, 高田孝一

No Image
法政大はトヨタ自動車東日本とオープン戦を行い、150キロ右腕の高田孝一投手が、前日に続いて登板をした。

慶応大, 佐藤宏樹

No Image
慶応大は東海大とオープン戦を行い、151キロ左腕の佐藤宏樹投手が先発した。

早稲田大, 瀧澤虎太朗

早稲田大と巨人2軍のプロアマ交流戦では、早稲田大の瀧澤虎太朗選手が2本塁打4打点の活躍で9-6で勝利した。ドラフト候補としてスカウトも注目をした。

早稲田大, 早川隆久

早稲田大が巨人の2軍とプロアマ交流戦を行い、ドラフト1位候補の151キロ左腕・早川隆久投手が先発した。この試合には巨人、埼玉西武、横浜DeNA、千葉ロッテなど8球団24人のスカウトが視察した。

明治大, 入江大生

No Image
明治大は日大とオープン戦を行い、エース候補の150キロ右腕・入江大生投手が初先発をした。

亜細亜大, 内間拓馬

亜細亜大は日体大とオープン戦を行い、150キロ右腕の内間拓馬投手が8回を投げて5安打3失点、最速は147キロだった。

慶応大, 長谷部銀次

仙台大とのオープン戦で慶応大は、最速149キロ左腕の長谷部銀次投手が8回から登板すると、8回は140キロ後半を連発した。

慶応大, 関根智輝

No Image
仙台大と対戦したオープン戦、この日、慶応大は150キロ右腕の関根智輝投手が先発し5回1失点の投球を見せた。

スポンサーリンク
PAGE TOP