No Image
2019年11月15日に開幕する明治神宮大会の大学の部に出場するチームと注目選手を紹介します。

上野翔太郎, 駒澤大

No Image
駒澤大・上野翔太郎投手が1安打8奪三振の好投を見せ、公式戦初完封で1部残留を決めた。試合前にナインに予告をした通り完封で勝利し、チームの1部残留を残して卒業をする。

慶応義塾大, 福井章吾

No Image
東京六大学のフレッシュトーナメントは、決勝で早稲田と慶応義塾が対戦し、慶応が2-0で勝利して優勝を飾った。リーグ戦と共にアベック優勝となった。

法政大, 古屋敷匠真, 平元銀次郎

No Image
東京六大学フレッシュトーナメントは2日目が行われ、法政大は2年生となる152キロ右腕の古屋敷匠真投手が先発した。

No Image
明治大・善波監督、慶応義塾大・大久保監督が退任をする。この二人の名将が同じ時期に優勝を競い合った東京六大学は、一つの黄金時代だったのかもしれない。

明治大, 高橋聖人

No Image
東京六大学の1,2年生が対戦するフレッシュトーナメントが行われ、小諸商出身の明治大の2年生・高橋聖人投手が、早稲田大を相手に8回3安打13奪三振無失点の投球を見せた。

No Image
東京六大学リーグの日程が終了し、慶応大が優勝した。2015年から指揮を執ってきた大久保秀昭監督は任期途中だが退任し、来年からJX-ENEOSの指揮を執る。

名古屋大, 松田亘哲

No Image
中日が育成ドラフト1位で指名した名古屋大の松田亘哲投手が、2部3部入れ替え戦で163球を投げて完投し、2部昇格を決めた。

慶応大, 郡司裕也

東京六大学は早慶戦の最終戦が行われ、中日がドラフト4位で指名した慶応大・郡司裕也選手が三冠王に輝いた。くしくも、今年、中日から戦力外となった杉山翔大選手が2012年に達成して以来となる。

JR東日本, 慶応大

No Image
2014年オフに就任した慶応大・大久保監督が退任すると報道された。後任にはJR東日本・堀井監督などの名前が挙がっているという。

スポンサーリンク
PAGE TOP