今年の岩手県のドラフト候補

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 岩手県のドラフト候補をピックアップします。岩手県の高校野球は菊池雄星投手や大谷翔平投手で話題となった花巻東と、毎年のようにドラフト候補を輩出する盛岡大付の2チームが引っ張っており、今年もドラフト候補がいる。大学では昨年、埼玉西武のドラフト2位・山川穂高選手の富士大にドラフト候補をそろえる。社会人もトヨタ自動車東日本などの名前が挙がるようになってきた。

 

ドラフト注目選手は

 盛岡大付にドラフト上位候補になりそうな選手がいる。松本裕樹投手は181cmの投手として1年生から注目され、2年生の時点で147km/hを記録する。昨年の選抜大会では安田学園戦で8回2/3を6安打9奪三振3失点とまずまずの投球を見せた。しかしその素質をみると、もっと注目されるような投球をしても良く、やや物足りない印象。選抜は出場する事ができないが、夏に甲子園に姿を見せ最後のアピールをして欲しい。

 花巻東は昨年も岸里亮佑が北海道日本ハムからドラフト7位指名を受けてプロ入りした。今年のセンバツ高校野球大会はラフプレーを名指しで指摘されるなど選考から漏れ、昨夏もセカンドランナーの動きを注意されるなど、チームの指導方法を考え直す必要がありそうだ。今年はドラフト候補として挙げられる選手がいないものの優秀な選手が入学しており、春から夏にかけて名前が挙がってくる選手がでてきそうだ。

 

その他、注目されそうな選手

 富士大は武修館高校時代にも注目されていた上田昌人投手が注目される。183cmの大型投手で145km/hの速球を投げる。エースは1学年下で神宮でノーヒットノーランを達成した多和田真三郎投手がいるが、実力でエースを奪い取れる投手だと思う。最後の年に活躍を期待したい。

 トヨタ自動車東日本は昨年のドラフト会議で、山口嵩之投手が埼玉西武にドラフト5位指名され、大谷翔平選手の兄・龍太選手も在籍するなど、名前が挙がってきているチーム。今年のドラフト候補として挙げられる選手はまだいないが、注目したいチームの一つ。

 

 (選手の情報、選手の評価をお待ちしております!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. 盛附が夏の甲子園にでてほしい!頑張れ!