今年の宮城県のドラフト候補

高校野球ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 宮城県のドラフト候補をピックアップします。東北の中心地で東北楽天のお膝元という事もあり、高校では王者・仙台育英など仙台市の高校に石巻市や気仙沼市の高校がチャレンジをかける。大学では東北福祉大が君臨し、社会人も日本製紙石巻、七十七銀行が存在感を示す。

 

ドラフト注目選手は

 昨年は上林誠知選手や熊谷敬宥選手などが揃い存在感を示した仙台育英だったが、今年は飛びぬけた選手として名前が挙がってこない。来年のドラフト候補となる新2年生の佐藤世那選手が注目されるが、新3年生にも素質の高い選手がいる。冬のトレーニングによって春に一気に成長する選手が出てくることを期待したい。

 東北福祉大もかつては毎年のようにドラフト1位候補投手が登場していたのだが、最近はその数が減った印象を受ける。今年もドラフト1位として名前が挙がる選手はいないが、近年はヤマハから東京ヤクルトに2012年ドラフト1位で入団し活躍を見せた石山泰稚投手など、社会人経由で開花する投手が多い。その意味では東芝で萩野裕輔投手がドラフト上位候補に名前が挙がっており期待される。

 

その他、注目されそうな選手

 白石工業の勅使瓦浩大投手は140km/h中盤の速球を投げる投手として注目されており、聖和学園の吉田直央投手も181cmの本格派投手という情報がある。また選抜高校野球大会に出場する東陵高校も甲子園で開花する選手が出てくるか注目したい。

 社会人では日本製紙石巻の194cm・伊東亮大選手が鋭い打球を連発しているようだ。広島の伊東昂大投手の兄としても注目される。東洋大で151km/hを記録しリリーフとして活躍していた内山拓哉選手はJR東日本東北で3年目を迎える。また東北学院大時代にプロに注目された七十七銀行・阿部博文投手など、一皮向けて飛び出てきて欲しい選手がたくさんいる。

 

 (選手の情報、選手の評価をお待ちしております!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント