ドラフト指名選手、まだ仮契約をしていない選手は?

 10月23日に行われたドラフト会議から1ヶ月が過ぎた。指名全選手と仮契約を終え入団発表をした球団もある。まだ仮契約をしていない選手はあとどれくらいいるのかまとめた。

21U、明治神宮大会出場選手

 11月に行われた21Uワールドカップに出場した選手や、先週まで行われていた明治神宮大会に出場していた選手は、これから指名あいさつや入団交渉が行われる。

 侍ジャパン21U代表入りしていた中日のドラフト1位・野村亮介投手は29日にも入団交渉が行われ、阪神のドラフト1位・横山雄哉選手もこれから交渉を行う。また、明治神宮大会出場組の東京ヤクルトドラフト2位・風張蓮選手(東農大北海道)、オリックスドラフト1位の山崎福也投手(明治大)、阪神ドラフト3位の江越大賀選手(駒澤大)、千葉ロッテドラフト4位の寺嶋寛大捕手(創価大)もこれから交渉が行われる。

 

それ以外の選手

 その他にもオリックスはドラフト4位の高木伴投手と27日に、ドラフト6位の坂寄晴一選手、7位の西野真弘選手とは28日に、ドラフト8位の小田裕也選手とは26日に仮契約を結ぶ予定で、1位の山崎福也投手も含め、これから契約が進む。

 千葉ロッテは寺嶋選手を始めドラフト1位・中村奨吾選手、ドラフト2位・田中英祐投手、ドラフト5位・大阪桐蔭の香月一也選手、ドラフト6位・宮崎敦次投手、ドラフト7位の脇本直人選手といった6人と仮契約を結んでいない。宮崎投手とは27日に、脇本選手とは26日に交渉を行う予定だ。

また福岡ソフトバンクもドラフト1位・松本裕樹投手、ドラフト2位の栗原陵矢選手の仮契約を残す。

 また広島のドラフト2位・薮田和樹投手もまだとなっている。

 

 仮契約まで進んでいないのは残り19人(本ドラフトのみ)となった。


PAGE TOP