ヤクルトドラフト2位・智弁学園の廣岡大志選手、日本ハムドラフト4位・敦賀気比の平沼翔太選手などが仮契約

田中豊樹, 平沼翔太, 廣岡大志, 藤田航生

ドラフト会議で指名された4選手が仮契約を交わした。

東京ヤクルトはドラフト2位で指名した廣岡大志選手と、契約金5000万円、年俸600万円で合意した。廣岡選手は今年の高校生野手ではトップクラスの選手と個人的に評価、ホームランも打てるが中距離打者として思い切りの良いバッティングも魅力。遊撃手として育てば池山選手のようになりそう。

北海道日本ハムはドラフト4位で指名した敦賀気比・平沼翔太選手と、契約金3000万円、年俸520万円で合意した。平沼投手は昨年夏に2年生ながらエースとして敦賀気比をベスト4に、そして春はセンバツ優勝を果たした。しかし投手としては完成され過ぎて老獪なピッチングになり、プロは投手としてよりも野手として評価していた。本人は強い投手志望があるものの野手でのプレーを受け入れて国体では遊撃手として出場し、北海道日本ハムは内野手として指名した。それでも栗山監督はプロ入り後に投球を見て投手としての可能性も見極めるという。

また北海道日本ハムはドラフト5位で指名した日本文理大・田中豊樹投手と、契約金3500万円、年俸800万円で入団合意。田中投手はどっしりとした体から150キロを超す速球を投げ、リリーフ投手として期待されている。3年時は侍ジャパン大学代表に選ばれていた。ドラフト中位くらいでも指名も予想されたが、ドラフト直前の九州地区大学野球選手権でリリーフで登板し失点を重ねるピッチングを続けてしまった。

埼玉西武はドラフト9位で指名した弘前工の藤田航生投手と、契約金1000万円、年俸500万円で入団合意した。藤田投手は東北大会にも出場したことがない無名投手だが、担当スカウトが「カーブはすぐに通用する」と話し、1年目から活躍できる素質と評価し期待されている。

2015ドラフト全指名選手


PAGE TOP