2016年のドラフト注目選手は?

2016年のドラフト注目選手を紹介する。(2016年ドラフト指名予想もご覧ください)

目玉選手のそろう年

大学生

2015年は目玉不在という年だったが、来年は目玉がそろった年となりそうだ。創価大の田中正義投手は、プロとの壮行試合などで一般的にも知られている投手で、156キロの速球は高めでも打てない本物の速球だが、低めに決める力がある。大谷翔平投手、藤浪晋太郎世代の大物がプロ入りする。

田中投手と同じく東京新大学リーグでプレーする流通経済大の生田目翼投手も155キロの速球を投げて今年の大学野球選手権で準優勝、こちらも圧巻のピッチングをみせ目玉クラスとなる。大学生では神奈川大の左腕・濱口遥大投手や慶応大の加藤拓也投手も150キロの速球が自慢、大学で疲労がたまってきているのが気がかりだが注目される。

社会人

近大の畠世周投手、創価大の池田隆英投手、東海大の丸山泰資投手、白鴎大・中塚駿太投手なども力のある球を投げ、明大の柳裕也投手や九産大の高良一輝投手、立教大の沢田圭佑投手は総合力が高い。

社会人では高校時にダルビッシュ投手が注目した事で知られる東京ガスの山岡泰輔投手が目玉。社会人1年目でリリーフとして150キロの速球と沈むボールで、社会人選手をほぼ完ぺきに抑えた。しかし今年は先発に転向し序盤は良いピッチングをしていたものの、都市対抗前から調子を落としている。

高校生

高校生も注目される選手が、来年は投手が多い。履正社の寺島成輝投手は180cmの本格派左腕で140キロ後半の速球を投げており、早くもドラフト1位候補に挙がる。大舞台に出るような活躍が見せられないところが気になるが力は十分。左腕では神戸国際大付の東郷太亮投手や花咲徳栄の高橋昂也投手も注目されている。

右腕では東海大相模に146キロを投げる181cmの北村朋也投手がおり、1年連続のドラフト1位指名もありそうだ。神奈川では横浜高の186cmの藤平尚真投手も151キロを記録しており、安定感も高めつつある。冬の成長で一気に目玉候補にもなれる存在。

他にも先日7回ながらノーヒットノーランを達成した東邦の藤嶋健人投手、2年時ですでに150キロを記録していた創志学園の高田萌生投手、福岡ではこの秋に149キロを投げて優勝を果たした九産大九産の梅野雄吾投手と、183cmから146キロを投げる福岡大大濠の浜地真澄投手も注目される。

野手では佐野日大の五十幡亮汰に注目、中学時代は陸上で100m、200mのチャンピオン。サニブラウン選手よりも速い選手だった。またU15代表で俊足を披露し、強肩も抜群と評価が高い。打撃で成長すればオコエ瑠偉選手クラスの注目を集めるかも。

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2016年度-高校生のドラフト候補リスト

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

2016年度-社会人のドラフト候補リスト


PAGE TOP