二足くらい早く2020年のドラフトについて、大豊作の気配

伊藤大海, 小郷賢人, 佐藤宏樹, 森井絃斗, 井上朋也, 西川僚祐, 嘉手苅浩太, 内山壮真, 来田涼斗, 中森俊介, 篠木健太郎, 宇田川優希, 角田勇斗, 宗山塁, 赤上優人, 高橋宏斗, 山下舜平大, 土田龍空

まだ早すぎますが、2020年のドラフトについて。来年は再び高校生遊撃手に注目か。大学・社会人も速球派勢ぞろい。

高校生は2017年+2018年

2020年は高校生野手に超のつく逸材がそろう。スラッガータイプでは東海大相模の西川僚祐選手と花咲徳栄の井上朋也選手が注目され、井上選手はその迫力が花咲徳栄からドラフト2位で日本ハム入りした野村佑希選手を上回る。そしてホームランも打てるし足も肩も大注目の明石商の来田涼斗選手と合わせて、BIG3を形成しそうだ。

ただし高校生野手はショートにも逸材がそろう。内山壮真選手は遊撃手として1年夏の甲子園で素晴らしいプレーを連発し、また打撃でもデビューから秋まで公式戦でのヒットを続けていた。2年生になり長打力もついてホームランが出るようになっており進化をしている。また近江の土田龍空選手は、ショートの守備では内山選手よりも上手く、今年のドラフト候補を入れてもNO.1だと思う。おそらく2018年の太田椋選手に匹敵しそうで、こちらも長打力が増してきている。そして今年のセンバツで習志野の角田勇斗選手や広陵の宗山塁選手もショートでセンスを見せ、こちらも注目される。

他にも横浜の度会隆輝選手は天才的な打撃能力があり、長打力も増してきている。大阪桐蔭の西野力矢選手、履正社の小深田大地選手もパワーでは西川選手や井上選手に負けないものがある。作新学院の横山陽樹捕手は抜群の肩があり、打撃でも150キロを連発した大船渡・佐々木朗希投手から痛烈な長打を打っている。

清宮、安田、村上のそろった2017年と根尾、小園、太田のいた2018年を足したような年になるかもしれない。

投手でも明石商の中森俊介投手は、星稜の奥川投手よりも速いペースで成長を見せており、順調にいけばドラフト1位の目玉候補となる。また、木更津総合の篠木健太郎投手は実績も十分、中京大中京の高橋宏斗投手は184cmから146キロを投げるスケールがあり、横浜の松本隆之介投手と木下幹也投手、日本航空石川で190cmから147キロを記録した嘉手苅浩太投手や福岡大大濠で186cmから144キロを記録した山下舜平大投手もスケールが大きい。

148キロを記録した常葉橘の市川大晴投手や智弁和歌山でセンバツで147キロを投げた小林樹斗投手などもおり、投手にも注目選手が多い。

大学・社会人は速球派投手がそろう

2020年は大学生の速球派投手がそろう。筆頭は苫小牧駒大の伊藤大海投手で、球速は154キロ。最近は154キロというのも大学生で見られるようになったが、伊藤投手のストレートはバッターがお手上げになるくらいのもので、回転数も含めて現時点でも大学NO.1の真っすぐだろう。それに匹敵する球を投げるのが慶応大の佐藤宏樹投手で、左から球速は148キロだが、回転数がスバ抜けていることは慶大の元投手コーチ・林氏の書籍にも記載されている。

東海大の小郷賢人投手は155キロを記録する。リリーフとしてすでに実績十分で、来年は先発に転向かリリーフで投げ続けるかの選択に迫られるかもしれないが、プロも注目するリリーバーだろう。そして仙台大の宇田川優希投手も184cmから152キロを投げ、先発としてのスケールの大きさはNO.1。

そしてこの春に登場したのは東北公益文科大の赤上優人投手。173cmだが投げられる153キロのストレートは社会人でも当てるので必死という球で、個人的には大船渡の佐々木投手の154キロよりも速いと感じさせた。制球力もあり変化球も十分でこちらも評価が高まっていくだろう。

社会人では高校卒3年目となるセガサミーの森井絃斗投手が実績を積んできている。高校時に150キロを記録しており、社会人では152キロを記録。先発として140キロ後半のレンジの球で勝負できる。大学2年目組では153キロを投げるトヨタ自動車の栗林良吏投手や150キロの日本生命・山本隆広投手、他にも東京ガスの150キロ右腕・菅野秀哉投手やNTT東日本の152キロ右腕・佐々木健投手、149キロサイドハンドの白銀滉大投手、三菱日立PSの149キロ右腕・伊藤優輔投手も記憶に新しい。

そして高卒3年目組のトヨタ自動車・金成麗生投手は左から150キロの速球を投げ、Honda鈴鹿に進んだ森田駿哉投手がベーブルース杯で150キロを記録した。元々持っている素材が抜群の左腕で、一気にドラフトの目玉クラスになっていくかもしれない。

他にも早稲田大の早川隆久投手は実績十分の左腕で150キロを投げ、近畿大の佐藤輝明選手はその長打力と破壊力はスバ抜けている。

2020年ドラフトは大豊作の気配が漂っている。

2020年度-高校生のドラフト候補リスト
2020年度-大学生のドラフト候補リスト
2020年度-社会人のドラフト候補リスト


PAGE TOP