谷間の世代になるな、高校生野手のドラフト候補の現在地

石川昂弥, 東妻純平, 有馬諒, 山瀬慎之助, 韮澤雄也, 野村健太, 森敬斗, 紅林弘太郎, 飯島一徹

2017年の清宮・安田・村上・中村選手、2018年の根尾・小園・藤原・太田選手と高校生野手が2年連続で注目された。2019年もその流れをつないでゆけるか。

ドラフト1位指名候補

2017年は清宮選手を筆頭にスラッガーBIG3が、2018年は根尾選手を筆頭に小園選手、藤原選手、太田選手がドラフト1位で指名された。しかし、今年のドラフト会議では昨年時点でドラフト1位に名前の挙がる高校生野手はいなかった。

野手で注目されやすいのはやはりホームランを量産する選手、そして遊撃手が多く、また捕手も強肩と打撃のある選手は高い評価されることになる。今年の高校生野手のドラフト候補では、特に捕手に注目選手として名前が挙がっており、智弁和歌山の東妻純平選手、近江の有馬諒選手、星稜の山瀬慎之助選手の名前が挙がっていた。

3人とも全国での実績も十分。そのうち、東妻選手と山瀬選手はセンバツにも出場し、持ち前の強肩に加えて打撃でも力を増したところを見せた。ただしともに優勝候補のチームを率いて臨んだものの勝ち上がることは出来ず、大きなアピールとはならなかった。また、センバツに出場できなかった有馬選手は、現時点ではまだ名前が挙がっておらず、3選手ともプロのスカウトから実力を評価されるが、ドラフト1位という所には至っていない。

高校生捕手でドラフト1位というと2017年の中村奨成選手が思い浮かぶが、夏の甲子園で6本塁打を打ってようやく、その肩やフットワークに注目された。その中村選手もプロではやや壁に当たっているようで、高校生捕手の育成の難しさも印象付けられている。東妻選手、有馬選手、山瀬選手がドラフト1位候補になるためには、かなりの活躍が必要になってくるが、すでに近江は近畿大会出場を決めており、星稜の北信越大会出場を決めている。夏にスカウトが大勢詰めかけるような活躍を見せてほしい。

センバツで大きく注目を集めたのは東邦の石川昂弥選手、決勝の習志野戦では2本塁打を放った。ド派手さはないものの、確実にフェンスオーバーを見せる打撃は、ドラフト1位指名確実とは言えないものの、1位指名でもおかしくないと感じさせるものだった。投手として投げており、守備の面で強肩やフットワークをあまり見せられず、野手として専念するとしていた春季大会もまさかの初戦敗退となってしまったのは非常に残念。夏はまた投手として投げる事になりそうで、その評価は難しい。

内野手では八戸学院光星の武岡龍世選手、花咲徳栄の韮澤雄也選手、橋本吏功選手、浦和学院の中前祐也選手、星稜の東海林航介選手、桐蔭学園の森敬斗選手、駿河総合の紅林弘太郎選手、智弁和歌山の黒川史陽選手、山梨学院の野村健太選手、東海大相模の遠藤成選手などがおり、まだ紅林選手はチェックをできていないものの報道からするとドラフト上位に入ってくる可能性がありそう。また野村選手の打撃と武岡選手の守備、韮澤選手も総合力で指名候補に入ってきそう、森選手と遠藤選手も志望届を出せば指名がありそうだ。

そして東農大三の飯島一徹選手は、投手としてもこれから注目されそうだが、打撃でも痛烈な打球を見せており、春季関東大会にも出場を決めていて、これから注目されそうだ。

2019年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP