【2022年ドラフト会議】パ・リーグ6球団の指名評価

2022年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

2022年のドラフト会議が終わり、12球団の指名を振り返る。今回はパ・リーグ6球団の指名を見てみます。今年から採点は行わない事にします。

スポンサーリンク

北海道日本ハム

1位 矢澤宏太 投外 日本体育大 狙い通り!! 補強ポイント!! 話題性!! 即戦力!!
2位 金村尚真 投 富士大 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!!
3位 加藤豪将 内 メッツ 狙い通り!! 補強ポイント!! 話題性!! 即戦力!!
4位 安西叶翔 投 常葉大菊川 狙い通り!! 補強ポイント!! 話題性!! 将来性!!
5位 奈良間大己 内 立正大 補強ポイント!! 将来性!!
6位 宮内春輝 投 日本製紙石巻 補強ポイント!! 即戦力!!
育1位 藤田大清 外 花咲徳栄 狙い通り!! 将来性!!
育2位 中山晶量 投 四国IL徳島 将来性!!
育3位 山口アタル 外 テキサス大タイラー校 話題性!!
育4位 山本晃大投 BC信濃 補強ポイント!! 即戦力!!

矢澤選手、加藤選手は狙い通りでそれぞれ話題性があり、来年の新球場の目玉的存在になる可能性がある。2位は専修大の菊地吏玖選手の指名を考えていたかもしれないが、同じく即戦力の右腕・金村投手を獲得でき、右の先発として即戦力になりうる。

安西投手は大型のスリークォーターで巨人・戸郷投手のように早い内から活躍する可能性もある。奈良間選手は守備などに課題があるが、1番バッターとして思い切りの良い打撃や走塁でチームに勢いをつけることができる。宮内投手は右のトルネード投手で、ワンポイントで使えることを期待したい。

育成では藤田選手はいの一番で指名をした選手で、足や肩があり、そして長打力にも可能性を見せる選手。野村選手に続いて行けそうな選手だ。中山投手も長い間、ポテンシャルを評価されていた選手。山本投手も威力ある球を投げていた。

左腕投手、外野手に、内野手も強化でき、新庄監督の目指す俊足選手が並ぶ打線も期待できる。だいたい、指名順位通りにそのランクの選手を獲得した満点のドラフトだろう。

千葉ロッテ

1位 菊地吏玖 投 専修大 補強ポイント!! 即戦力!!
2位 友杉篤輝 内 天理大 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!!
3位 田中晴也 投 日本文理高 狙い通り!! 将来性!! 管理人のオススメ!!
4位 高野脩汰 投 日本通運 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!!
5位 金田優太 内 浦和学院 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!!
育1位 吉川悠斗 投 浦和黎明 将来性!! 管理人のオススメ!!
育2位 白濱快起 投 飯塚高 将来性!!
育3位 勝又琉偉 内 富士宮東 補強ポイント!! 将来性!!
育4位 黒川凱星 内 学法石川 補強ポイント!! 将来性!!

荘司投手の1位指名を外したものの、同じく大学生右腕で、即戦力の菊地投手を指名し、それほど差は無い。2位で課題の二遊間の友杉選手を獲得。守備力は大学NO.1で、打撃の可能性も高い。そして金田選手、勝又選手選手と、高校生遊撃手候補を獲得し、遊撃手不足の課題を手打ちにしたい。

3位の田中選手は、岩下投手や山口選手のような指名で、体が強く投打に可能性のある選手を指名、田中投手の場合は投手として成長が楽しみだ。高野投手はダイナミックなフォームが特徴の左腕投手で、松永投手などが抜けたリリーフで使えることを期待しての指名となった。

吉川投手、白濱投手はかなりのポテンシャルを持った投手で、黒川選手もショートの候補として数えられそうだ。

将来のチームの中心選手という感じの指名ではないが、実戦的な選手が多く、補強ポイントの内野手に少し明るい兆しが見えそうな指名となった。

東北楽天

1位◯荘司康誠 投 立教大 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!!
2位 小孫竜二 投 鷺宮製作所 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!! 管理人のオススメ!!
3位 渡辺翔太 投 九州産業大 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!!
4位 伊藤茉央 投 東農大北海道 補強ポイント!!
5位 平良竜哉 内 NTT西日本 +α!! 補強ポイント!! 即戦力!!
6位 林優樹 投 西濃運輸 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!!
育1位 辰見鴻之介 外 西南学院大 将来性!!
育2位 古賀康誠 投 下関国際高 将来性!!
育3位 竹下瑛広 投 函館大 将来性!!
育4位 永田颯太郎 内 台湾体育運動大 話題性!!

投手力強化をポイントとし、荘司投手、小孫投手、渡辺投手と、先発右腕として数えられる選手を続けて指名した。荘司投手は即戦力というよりはやや将来性タイプだが、小孫投手と渡辺投手は1年目から期待できる。また、変速の伊藤投手と左の林投手など、リリーフとしてバリエーションを加えた。

そして、平良選手は茂木選手、浅村選手などの内野陣に割って入る存在となりそう。フルスイングだがしっかりとバット当たり、痛烈な打球を飛ばす。足もある楽しみな選手。

育成の辰見選手は俊足、古賀選手は非常にポテンシャルの高い左腕投手で、竹下投手も身長があり、体が作られたら楽しみ。永田選手はわからない。

右投手の補強でおつりが来るくらいの補強ができ、平良選手の存在も面白い。満足のドラフトだった。

埼玉西武

1位 蛭間拓哉 外 早稲田大 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!!
2位 古川雄大 外 佐伯鶴城 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!! 管理人のオススメ!!
3位 野田海人 捕 九国大付 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!!
4位 青山美夏人 投 亜細亜大 +α!! 補強ポイント!! 将来性!!
5位 山田陽翔 投 近江高校 +α!! 話題性!! 将来性!!
6位 児玉亮涼 内 大阪ガス +α!! 即戦力!!
育1位 野村和輝 投 NOL石川
育2位 日隈モンテル 外 四国IL徳島
育3位 三浦大輝 投 中京大
育4位 是澤涼輔 捕 法政大

外野手の課題を蛭間選手、古川選手の1位2位で埋めた。古川選手は大きな体でパンチ力も十分だが、大きな体がバネのように跳ねるような感じで、スケールと身体能力があり、かなりの選手になると思う。

3位は森選手、古賀選手の下の世代に入る捕手で強肩は屈指、青山投手は実績は即戦力だが、リリーフとして短いイニングで力を見せるような投手にもなりそうで、どのように成長していくのかが楽しみ。5位・山田選手は実力が十分だが、これからどこを伸ばしていくか。6位は内野の守備とスピードに定評のある選手で、滝澤選手のように1軍でプレーしてゆきたい。

野村投手、三浦投手は150キロを超す球を投げる投手、日隈選手、是澤選手はわからない。

課題の外野手の他に、捕手、投手、内野手も補強ができ、選手層が厚くなったドラフトになったのではないかと思う。

福岡ソフトバンク

1位 イヒネイツア 内 誉高 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!!
2位 大津亮介 投 日本製鉄鹿島 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!!
3位 甲斐生海 外 東北福祉大 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!!
4位 大野稼頭央 投 大島高 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!!
5位 松本晴 投 亜細亜大 補強ポイント!! 将来性!!
6位 吉田賢吾 捕 桐蔭横浜大 +α!! 補強ポイント!! 将来性!!
育1位 赤羽蓮 投 霞ヶ浦高 将来性!!
育2位 山下恭吾 内 福岡大大濠 将来性!!
育3位 木村光 投 佛教大
育4位 内野海斗 投 武田高
育5位 岡植純平 投 飾磨工 将来性!!
育6位 佐々木明都 投 学法福島
育7位 水口創太 投 京都大 将来性!!
育8位 宮崎颯 投 東京農業大
育9位 重松凱人 外 亜細亜大
育10位 前田純 投 日本文理大
育11位 佐藤航太 内 八戸学院光星
育12位 飛田悠成 内 金沢高
育13位 西尾歩真 内 中京学院大
育14位 盛島稜大 捕 興南高

ポスト今宮として、ポテンシャルの高い遊撃手・イヒネ選手を獲得し、2位でも藤本監督が求める即戦力投手を指名した。甲斐選手もポテンシャルが評価される将来性が注目され、大野投手と松本投手は地元出身でキレの良い変化球を投げる左腕投手として、こちらも将来が期待できる。

6位の吉田選手は、打撃の良い捕手の候補として指名。甲斐選手など安定した捕手陣の中で打撃でアピールをし、将来的に別のポジションになる可能性もあるが、長所を活かしたい。

育成は14人を指名、そのうち、赤羽投手は実戦経験はまだ少ないもののポテンシャルの高さがものすごい。中学時から注目の地元の山下選手、急成長が評価されている岡植投手、体のサイズがあり確率は低いもののものすごい球を投げる水口投手なども楽しみ。

将来に向けて可能性の開く指名担ったのではないかと思う。

オリックス

1位 曽谷龍平 投 白鴎大 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!!
2位 内藤鵬 内 日本航空石川 +α!! 補強ポイント!! 将来性!! 順位点!! 
3位 齋藤響介 投 盛岡中央  +α!! 補強ポイント!! 将来性!!
4位 杉澤龍 外 東北福祉大 狙い通り!! 補強ポイント!! 即戦力!!
5位 日高暖己 投 富島高 狙い通り!! 補強ポイント!! 将来性!! 順位点!! 
育1位 西濱勇星 投 BC群馬 即戦力!! 順位点!! 
育2位 才木海翔 投 大阪経済大 将来性!! 順位点!! 
育3位 入山海斗 投 東北福祉大
育4位 茶野篤政 外 四国IL徳島
育5位 村上喬一朗 捕 法政大

左の先発候補として曽谷投手を獲得し、2位でも強打の内野手として高く評価していた内藤選手を獲得できた。ここまで残っているとは思っていない嬉しい指名だっただろう。3位の齋藤投手も特徴があり、山岡投手のように小さな体でものすごい球を投げそう。4位の杉澤選手も長打力もあり外野の一角を狙える。日高投手も狙っていた選手で、5位で指名できたのは大きい。

育成でも抜群の球速を誇る西濱投手、そしてキレの良い球が注目される才木投手を指名でき、宇田川投手のように早い段階で支配下登録、そして1軍でプレーする選手かもしれない。

左腕投手、将来の主砲、外野手、そして育成でも即戦力を指名でき、大満足のドラフトだったのではないかと思う。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント