1位非公表の3球団の選択、阪神・千葉ロッテは補強ポイント指名成功・DeNAは単独1位指名に成功

2022年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

ドラフト前日までに9球団が1位指名を公表した今年のドラフト会議、非公表だった3球団のうち、千葉ロッテと阪神は競合覚悟で指名に臨んだ。

スポンサーリンク

競合覚悟

2022年のドラフト会議は、ドラフト前日までに9球団が1位指名を公表し、いずれも重複のない状態という異例の展開となった。その中で当日まで1位指名を公表しなかった3球団の動向に注目が集まった。

阪神の選択

阪神は浅野翔吾選手を指名すれば巨人と競合することが分かっていたが、岡田監督は「最終的には今日。ほぼ、浅野で行こうというのは前日から持っていた」と、前日から決めていたことを明らかにした。

そしてドラフト指名後のインタビューでは、「いっぱい指名を言うてたから、残る可能性が高かった。思い切っていけたけどな、浅野に。もし外れても、というのがあったからな」と話し、たとえ外したとしても森下翔太選手が残っていると踏み、最も評価する浅野選手の指名に踏み切った。

岡田監督はドラフトの採点に、「何点なんやろ、80点くらいでいいんちゃうかな。そら、最初に浅野を外したけどな。残りクジやからしょうがないわ、どうしようもなかったから。」と点をつけたものの、「どっちが先に使えるかと言うたら、森下かも分からんしな。」と話し、浅野選手と森下選手に大きな差は無いと話した。

千葉ロッテの選択

千葉ロッテはドラフト当日の朝のスポーツ紙の1位指名予想でも、即戦力投手の方向性は合っていたが、指名する選手が割れていた。その中で荘司康誠投手を選択したが、結果としてトーチューとデイリースポーツが予想を当てた。

吉井監督は「プランBでしたけど、満点に近い100点だと思います。私のくじは0点です」と話し、「ちょっと読み間違った。用意する人がどんな気持ちで入れるかなと考えた。当たりは隠して下じゃないかなと思っていたが上だった」と抽選で外したことを反省していたが、多くの右腕投手がいる中で、なぜ荘司投手を選んだかについての取材は無く、こちらも外れ1位で同じ大学生右腕の菊地吏玖投手を指名していることから、抽選で外しても、同じ力を持つ投手が残っていると予想し、その中で最も高く評価した荘司投手の指名をした。

横浜DeNAの選択

3球団の中で単独1位指名となった横浜DeNAは、補強ポイントである捕手として松尾汐恩選手を指名した。ドラフト前日まで1位指名候補を5人とし、当日、控室に入ってから決めると進藤編成部長が話していたが、三浦監督は「一番評価の高い選手を選択した。無事に獲得できて良かった」と話し、最も評価した選手だったことを強調した。

捕手は補強ポイントで、今ドラフトでも1人か2人を指名する可能性を進藤編成部長も話したいたが、益子京右選手、東妻純平選手と高校卒の捕手はこれまでも指名をしており、本当であれば即戦力捕手が欲しかったのかもしれない。しかし、今年のドラフトでは大学生捕手でドラフト候補に名前の挙がっていた野口泰司選手や石伊雄太選手が指名されず、打撃の良い吉田賢吾捕手やリーグ戦にあまり出場をしていない捕手が育成ドラフトで指名される形になり、全体的に大学生・社会人の捕手の評価が高くなかった。

昨年、千葉ロッテがドラフト1位で指名した松川選手が、高校卒ながら1年目の序盤から1軍でマスクをかぶるなど、高校卒でも即戦力として活躍する姿を見て、横浜DeNAも松尾選手に即戦力の期待もかけているのではないかと思われる。

いずれにしても3球団とも、狙っていたポジションの選手を獲得できた。9球団が1位指名を公表し、非公表だった3球団にとっても非常に読みやすいドラフト会議になったのではないかと思う。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
阪神・岡田監督 浅野外すも「80点くらいちゃうかな」1位の森下含めて右打ち野手4人指名に満足感 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 黄金の「右」は不発でも、狙い通り「右」を射止めた。阪神監督としては07年以来のドラフト会議となった岡田監督は、まずは高松商・浅野を1位指名。巨人・原監督との因縁対決となった抽選では、過去は封印していた右手でクジを引いたものの、無念の外れとなった。それでも、中大・森下を筆頭に育成ドラフトを含めて指名した野手4人は全員右...
岡田新阪神 1位指名の中大・森下に「即戦力として」と期待、クジ6連敗には苦笑「ダメだったですね」/デイリースポーツ online
 「プロ野球ドラフト会議」(20日、都内ホテル) 阪神がドラフト1位で中大・森下翔太外野手を1位で指名した。
阪神・岡田新監督「80点くらいちゃうか」 高校生中心の浪漫ドラフト「評判高いの獲れたよ」/デイリースポーツ online
 「プロ野球ドラフト会議」(20日、都内ホテル) 阪神は支配下で6人を獲得。外れ1位で中大・森下翔太外野手(4年・東海大相模)の交渉権を獲得すると、2位からは4人続けて高校生を指名。育成路線を色濃く映し出すドラフト指名となった。岡田彰布新監督は「80点くらいでいいんちゃうかな」と振り返った。以下、ドラフト後の一問一答。
【ドラフト】阪神岡田監督、浅野外しても「残っていたからよかったよ」中大・森下翔太指名に満足 - プロ野球 : 日刊スポーツ
ドラフト会議が20日に都内で開催され、阪神は1位で高松商・浅野翔吾外野手(3年)を指名したが巨人と重複し、史上初のTG一騎打ちとなった。阪神は岡田彰布監督(6… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
ロッテ1位指名の専大・菊地 外れ1位に「正直1位で呼ばれると思わず、油断ではないが目から汗が」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 ロッテは楽天との競合を覚悟の上で立大・荘司を1位指名したが抽選で外れ、専大・菊地の交渉権を獲得した。初めてクジを引いた吉井監督は「ちょっと読み間違った。用意する人がどんな気持ちで入れるかなと考えた。当たりは隠して下じゃないかなと思っていたが上だった」と残念がった。
【指揮官一問一答】ロッテ・吉井理人監督が抽選で敗れ「原監督がいったように(当たりは)上にあった」
プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD(20日)ロッテ・吉井理人新監督(57)が初めてドラフト会議に参加し、立大・荘司康誠投手(22)の1…
【ドラフト】ロッテ・吉井理人新監督、初ドラフトに「100点に近い点数だったけど私のくじは0点」
 ロッテが育成選手を含め計8選手を指名した。1位指名の立教大・荘司は楽天と競合の末に外れたが吉井理人新監督は「プランBでしたけど、もう満点、100点に近い点数だと思います。私のくじは0点です」と笑った
【ロッテ】吉井理人監督「プランBでしたけども、満点に近い点数だと思います。私のクジは0点」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
ロッテ吉井理人新監督(57)は「プランBでしたけども、満点に近い点数だと思います。私のクジは0点です」と自身初のドラフト会議を総括した。事前公表なしで臨み、立… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
DeNA、得意の一本釣りで大阪桐蔭・松尾汐恩の交渉権獲得 三浦監督、ピカピカに磨いた五円玉でご縁/ドラフト
DeNAは20日、ドラフト会議の1位指名で、大阪桐蔭高・松尾汐恩捕手(18)の交渉権を獲得した。捕手の1位指名は、球団(前身を含む)では1988年の谷繁元信(江…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント