BCリーグが今日開幕、福島レッドホープスは149キロ右腕・鈴木駿輔投手が開幕投手

2020年ドラフトニュース 独立リーグドラフトニュース

19日にNPBが開幕したが、今日20日はBCリーグが開幕する。福島は青学大を中退した2年目の鈴木駿輔投手が開幕投手に指名された。

スポンサーリンク

プロ入りへ

鈴木駿輔投手は、聖光学院時代に投手と外野手の二刀流で活躍し、2016年夏の甲子園では、3回戦の東邦戦で先発すると、藤嶋健人投手と投げ合い、9回7安打2失点で完投勝利を挙げ、チームのベスト8入りに貢献した。

その後、青山学院大に進み146キロ右腕として期待されたものの、2019年の5月に野球部を退部し大学を辞め、地元の福島レッドホープスに入団していた。

最速は149キロを記録し、岩村明憲監督は「球の質を見ても開幕投手にふさわしい。やってもらわないといけない投手の1人」と評価、今日の開幕投手に指名した。

鈴木投手は「防御率2点台で勝率は6割、7割を意識したい。まずは勝てる投手になること」と話し、今シーズンは勝利をつかむことを意識し、プロ入りのアピールをしていく。

福島レッドホープスは、今日は13:30から群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

2021年度-独立リーグ・海外投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

大役を任せた岩村明憲監督(41)は「球の質を見ても開幕投手にふさわしい。やってもらわないといけない投手の1人」と期待を寄せる。16年夏の甲子園はエース格として8強進出に貢献した鈴木は「(目標は)防御率2点台で勝率は6割、7割を意識したい。まずは勝てる投手になること」。夢のプロ(NPB)入りを視野に、勝負のシーズンを戦い抜く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント