日本生命、草場亮太投手、山本隆広投手などプロ注目4投手が阪神2軍相手に好投

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

日本生命は阪神2軍と交流戦を行い、プロが注目する草場亮太投手、山本隆広投手、高橋拓已投手、本田洋平投手がの4投手のリレーで、阪神を3安打完封した。

スポンサーリンク

完封リレー

この日、先発したのは草場亮太投手、九産大時代に152キロの速球を投げ注目された。ドラフト指名解禁の昨年は思うような活躍ができず、指名はされなかった。

この日は、初回に四球を1つ与えたものの、4番・井上広大選手を三振に斬って取ると、2回も三者凡退に抑えた。3回は先頭の小野寺暖選手に左中間に2ベースヒットを許したが、遠藤成選手や同学年の熊谷敬宥選手など三者をフライに打ち取った。3回1安打2奪三振1四球無失点だった。

4回からは山本隆広投手が登板した。関西大時代に150キロの速球を投げ、ドラフト上位候補にも挙げられた。プロ志望届を提出したものの故障の影響により、また指名順位縛りもあったとみられ、指名されなかった。

この日は6回に1安打を許したものの、4番・井上広大選手から2つの三振を奪うなど、3回1安打2奪三振1四死球で、草場投手と同じ内容で抑えた。

7回からは大学時代にドラフト上位候補にも名前の挙がった左腕の高橋拓已投手が登板し、2回を1安打2奪三振1四球で無失点に抑えた。7回、先頭に四球を許したがその後2者連続三振を奪った。9回も愛知学院大で150キロの速球を投げた本田洋平投手が登板し、1回をノーヒットに抑えた。高橋投手と本田投手は今年大学卒4年目となる。

打者では今年ドラフト指名解禁となる越智達矢選手が、第1打席に高野圭佑投手から痛烈なタイムリー2ベースヒットで打点を挙げ、これが決勝点となり1‐0で勝利した。九共大出身で同じく今年解禁となる早野僚馬は4回に湯浅投手からセンター前ヒットを打つと、7回には桑原投手からライト前ヒットを打ち、マルチ安打を記録した。1番を打った伊藤ヴィットル選手はノーヒットだった。

大学の有力選手が集まる日本生命だが、ドラフト会議では順位縛りなどもあり、なかなかプロ入りする選手が出ずに有望選手が詰まっている感じがある。プロとの対戦で結果を出した投手が、これをきっかけにプロ入りへつながるか、注目したい。

ファーム試合結果|ファーム|阪神タイガース公式サイト
阪神タイガースの球団オフィシャルサイト。試合速報や選手名鑑、チケット情報、グッズの販売など。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント