金沢・釜田佳直vs星稜・西川健太郎、西川投手プロ志望!

西川健太郎, 星稜高

金沢高校の152km右腕、釜田佳直投手と星稜の147km右腕・西川健太郎投手の対決が石川大会準決勝で見られた。西川投手は6月の練習試合で左手甲を骨折、その影響もあり本調子には程遠い状態で先発を大野投手に譲るも、金沢打線を抑えきれず3回に4点を失った所でマウンドに登った。

その回を気迫で抑えると、その後も0点を並べ、5回2/3を4安打無失点に抑えた。

試合は序盤の失点を金沢・釜田投手が守りぬき、5-2で金沢が勝利した。この日は日米12球団30人のスカウトが訪れ、中日の中田スカウト部長は「高校生投手としては何本かの指に入るような素材。プロでエース級に育つ可能性がある」とコメントするなど高い評価を受けている。西川投手は試合後にプロ志望を表明、いずれプロでリベンジができるだろう。

  •  - 

  • PAGE TOP