各球団のドラフト1位指名は?

慶大, 亜大, 東浜巨, 福谷浩司, 大谷翔平, 花巻東, 藤浪晋太郎, 大阪桐蔭, 愛工大名電, 濱田達郎

 昨日の阪神1位・福谷浩司投手に続き、スポーツ紙1面でドラフト1位指名の記事が掲載された。ドラフト1位の現在の予想をしてみる。

 現在確実にドラフト1位候補として名前が挙がるのは、即戦力では亜大・東浜巨投手、慶大・福谷浩司投手、高校生では大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手、花巻東・大谷翔平投手、愛工大名電・濱田達郎投手の5人。これらの選手がプロ志望をするとした上で考えると、左腕・濱田達郎投手には地元中日が1位指名すると予想される。

 センバツで優勝した藤浪晋太郎投手には埼玉西武が高い評価をしており、地元オリックスも可能性がある。広島も藤浪投手を高く評価しているが投手の1位指名が続いている事から野手の候補を探している。しかし1位クラスの野手がいない場合には藤浪投手の指名となりそうだ。

 阪神は即戦力か高校生かの判断となるが、昨年から大谷翔平選手をマークしており、東浜投手との比較となる。ポスト藤川として福谷浩司投手の指名も考えられるが単独指名を狙うか重複覚悟で望むかドラフト直前での判断となりそうだ。

 その大谷翔平選手には地元東北楽天や北海道日本ハムが注目しており、北海道日本ハムは指名の可能性が高いと考える。福岡ソフトバンクは昨年ダルビッシュ候補高校生の武田翔太、吉本祥二を獲得しており、投手なら即戦力が濃厚で沖縄出身の東浜巨投手、野手なら外野手として大谷翔平選手となりそうだ。

 最後に東浜投手には、その福岡ソフトバンクのほか横浜DeNAと東京ヤクルトが可能性が高いと見るが2~3球団の重複しか無いのであれば他球団も指名してくるだろう。3球団~6球団の指名と予想する。

 菅野智之投手には巨人が1位指名をほぼ決めており、他球団の指名の可能性は低いと考える。

 千葉ロッテは藤岡投手を獲得し左腕投手陣は厚くなったことから投手なら右腕の東浜巨投手となる。しかし唐川投手などのいる投手陣に対し野手の特にスラッガー候補はまだ少ない。高校生で将来の4番候補の指名があるかもしれない。また捕手も手薄となっており、打てる捕手・里崎選手の後任として、東海大・伏見寅威捕手の指名があるかもしれない。

  • 2012年ドラフト指名予想!
  • 今秋ドラフトの目玉は亜大・東浜 即戦力少なく重複必至 - 
    スポーツニッポン
    :2012/05/16

    今秋ドラフトの目玉は現在、東都大学リーグで通算30勝&20完封を達成中の東浜巨投手(亜大)。抜群の安定感と両サイドへの制球力は即戦力としての評価が高い。09年の菊池(花巻東→西武)、10年の大石(早大→西武)に6球団の1位指名が重複したように、東浜も複数球団から指名されることが予想される。

     一方、今年は東浜の他には即戦力候補が少ない。今春のセンバツで「ビッグ3」として注目を集めた最速151キロ右腕の大谷翔平投手(花巻東)、1メートル97の大型右腕で最速153キロを誇る藤浪晋太郎投手(大阪桐蔭)、「工藤2世」の異名を取る左腕の浜田達郎投手(愛工大名電)は将来性を高く評価されている。即戦力が欲しい球団は、菅野や最速155キロ右腕で先発、救援の両方をこなせる福谷浩司投手(慶大)らをリストアップしている。


    PAGE TOP