DeNAがドラフト1位指名の市和歌山・小園健太投手に指名あいさつ、三浦監督はリモートで

2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、ドラフト1位で指名した市和歌山・小園健太投手に、進藤編成部長、河原スカウティングディレクター、担当の安部スカウトが訪問し、指名あいさつを行った。

スポンサーリンク

三浦監督はリモートで

抽選で小園健太投手を引き当てた三浦監督は、「チームルールでそちらに行けないけど、元気に会えるのを楽しみにしています」と話し、新型コロナの感染予防のために訪問できない事を説明した。またこの日は広島でナイターがあり、リモートでのあいさつとなった。

小園投手は「和歌山と違って都会だと思うので、人に酔わないようにしたい」と話すが、三浦監督も奈良の高田商出身で、横浜の星となった。「DeNAベイスターズは全国いろんなところから選手が来ている。選手、スタッフも優しい人ばかりなので、いろいろ話を聞いて。自分も周りの人に助けてもらった。住めば都です」と話し、「同じ関西人としてまた会えるのを楽しみにしています」と続けた。

恵まれた体から152キロの速球と、小さく曲がるカットボールなどの変化球を制球良く投げることができる。今年のドラフト戦線で最も注目されていた投手で、横浜DeNAのエースとして横浜の星となりたい。

横浜DeNAでは、三浦投手がつけていた背番号18が空きとなっている。これは、チームでエースと認められた投手がつけるために残されている。小園投手がいきなり18をつけることは無いと思うが、将来、18を背負って欲しいし、それだけの力がある。

2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

三浦監督は奈良県出身で、和歌山とは隣の県になる。小園はまだ横浜に行ったことはないが「和歌山と違って都会だと思うので、人に酔わないようにしたい」。三浦監督は「DeNAベイスターズは全国いろんなところから選手が来ている。選手、スタッフも優しい人ばかりなので、いろいろ話を聞いて。自分も周りの人に助けてもらった。住めば都です」と助言していた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント