阪神、法大・三嶋一輝投手を外れ1位指名も、横浜DeNAもリストアップ

法大, 三嶋一輝

 阪神は球団関係者が「藤浪を1位で当てたいが、外れた場合、大学、社会人の投手。球の速い投手を指名する」と話したとサンケイスポーツが報じている。またその候補としてサンケイスポーツは法大・三嶋一輝投手と予想しているようだ。

 阪神はポスト球児としてリリーフのできる速球派投手の獲得を目指しており、慶大・福谷浩司投手、NTT西日本・増田達至投手などをマークしている。そして、今シーズン東京六大学で最も好調なのが155km右腕・三嶋一輝投手も候補に挙がってくる。

 三嶋一輝投手は福岡工高校時代から速球派投手として注目され、3年生となった春季大会では大車輪の活躍で九州大会に出場したことでドラフト候補となった。しかしプロ志望届けを出さずに法政大学に進学すると、法大では1年生から150kmの速球で活躍を見せた、今シーズンは4試合に登板し防御率0.75、東大戦で先発して7回を投げ1勝、慶大では2試合にリリーフ登板して好投すると、昨日の立大戦でも1イニングを4打数1安打に抑えてセーブをマークした。

 また今シーズンの活躍で他球団も注目度を増しており、この日の立大戦には横浜DeNA・吉田編成・スカウト部長が視察、「春は先発でよくなかったが、抑えで1、2年のいい時が戻り、先発だけでなく、何でもできるところが見られた。ウチは投手はホントにほしいから」と高く評価している。

 他の球団も候補に挙げてきそうで、ドラフトでは3位までには消えると思う。阪神、横浜DeNA、セリーグ5位6位チームの駆け引きも注目したい。

 

 

虎、藤浪の外れ1位に“ポスト球児”法大・三嶋 - サンケイスポーツ:2012/10/07

 是が非でも手に入れたい藤浪。心技体を兼ね備え、スター性も十分。これ以上の逸材はいない。だが、万が一に備えるのがドラフト戦略。狙うは“ポスト球児”-。外れ1位に、法大・三嶋が指名される可能性が出てきた。

 

 球団関係者が「藤浪を1位で当てたいが、外れた場合、大学、社会人の投手。球の速い投手を指名する」と明かした。

 

 現在の大学、社会人のなかで剛速球を投げる投手となると、おのずと三嶋の名が挙がってくる。最速155キロ直球に、切れ味鋭い2種類のスライダーを武器とする快速右腕だ。 全文はサンケイスポーツのサイトをご覧ください。

法大先勝!三嶋が締めた - サンケイスポーツ:2012/10/07

 九回二死二塁。三嶋は149キロのストレートで最後の打者を左飛に仕留めた。今季3度目の救援成功にホッとした表情をみせた。

 

 「チームがいい形で勝つために、自分が(抑えを)できればと思っています。先発したい気持ちもあるけど、大事な場面はやりがいがあります」

 

 先月26日のプロ志望届提出後初登板。右前打で先頭打者を出しながらも無失点。最速155キロ右腕の投球にDeNAの吉田編成・スカウト部長は「春は先発でよくなかったが、抑えで1、2年のいい時が戻り、先発だけでなく、何でもできるところが見られた。ウチは投手はホントにほしいから」と、再チェックを忘れなかった。 全文はサンケイスポーツのサイトをご覧ください。


PAGE TOP