東北楽天、ドラフト1位指名に藤岡貴裕投手も!同大・小林誠司捕手の指名も

オリックスドラフトニュース

 東北楽天の星野仙一監督は、チームのドラフト戦略について語り、「1位は競合をするような選手でいく」と発言、またその中で、東洋大・藤岡貴裕投手について「左の田中(将大)や。真っすぐで空振りがとれる数少ない投手」と絶賛し、NO1左腕の獲得に乗り出す事になりそうだ。

 春先には明治大学の後輩である野村祐輔投手にエールを送るなどしていたが、右のエースとして田中将大投手がいるなかで、左のエースの必要性を感じ、藤岡貴裕投手の名前が挙がったものと思われる。

藤岡投手には千葉ロッテが1位指名を公表し、横浜、オリックスなども指名の可能性が高い。野村投手にしても広島が1位指名を公表しており、いずれにしても競合するのであれば、藤岡貴裕投手の指名の可能性が高い。

 また、同志社大の小林誠司捕手の名前もあがり、選手会長でもある嶋捕手にプレッシャーをかけられる捕手を上位で指名する可能性がある事が分かりました。小林誠司捕手には東京ヤクルトやオリックスなども上位での指名を考えており(ドラフト指名予想)こちらも他球団との駆け引きとなりそうだ。場合によっては1位で藤岡貴裕投手を獲得できなかった時に外れ1位として指名する事も考えられる。

  •  - 
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page
  • コメント