オリックス、ドラフト指名選手の担当スカウトの評価

荒西祐大, 左澤優, 漆原大晟, 中川圭太, 頓宮裕真, 富山凌雅, 太田椋, 宜保翔

オリックスはドラフト会議で指名した選手の担当スカウトの評価を発表した。

1位・太田椋 天理高 内野手 181cm76kg 右右

担当スカウト:不明

高校一年の夏から名門のレギュラーを掴むなど、抜群の野球センスを誇る。全方向に本塁打を打てるパンチ力を持ち、守備では、グラブ捌き、スローイングともにレベルが高く、確実にアウトをとれる。野球に取り組む姿勢も素晴らしく、将来の中心選手として期待がかかる。

2位・頓宮裕真 亜細亜大 内野手 181cm97kg 右右

担当スカウト:不明

変化球の対応も上手く、全方向にホームランを放てる長打力が魅力。気持ちも強く、将来的には主軸を担うなど、チームの中心としての活躍も期待される選手。

3位・荒西祐大 Honda熊本 投手 178cm83kg 右右

担当スカウト:不明

メンタルが強く、国際大会でもチームの柱として結果が出せる。1年目からフル回転の活躍が期待される完成度の高い即戦力投手。

4位・富山凌雅 トヨタ自動車 投手 178cm82kg 左左

担当スカウト:不明

球持ちがよく、スピンの効いたストレートは球速以上のキレがあり威力も抜群。打者に向かっていく強気の投球も持ち味で、将来性豊かな投手。

5位・宜保翔 未来沖縄 内野手 174cm67kg 右左

担当スカウト:不明

どんな体勢からでも強いボールを投げられ、投手としてもMax145kmを投げられる地肩の強さが魅力。身体能力が高く、将来的にも非常に楽しみな選手。

6位・左澤優 JX-ENEOS 投手 172cm75kg 左左

担当スカウト:不明

打者のインサイドを果敢に突く140㎞台後半のストレートと、鋭く曲がるスライダーが武器。馬力があり、打者に向かっていく強気な投球が持ち味の即戦力左腕。

7位・中川圭太 東洋大 内野手 180cm76kg 右右

担当スカウト:不明

大学日本代表のクリーンアップを任されるなど、高いポテンシャルを誇る。リストの強さはアマチュアトップクラス。崩されてもヒットにできる巧打に加え、スタンドに放り込むパワーも兼ね備えている。1年目から活躍が期待される選手。

育成1位・漆原大晟 新潟医療福祉大 投手 182cm83kg 右左

担当スカウト:不明

インステップから右肘を柔らかく使った投球フォームが持ち味。MAX151キロのストレートは、角度と力強さがあり、空振りも取れる。将来性豊かな好素材。

 


PAGE TOP