宇都宮工・星知弥投手にプロ4球団のスカウト!

高校野球ドラフトニュース オリックスドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 宇都宮工の星知弥投手が初戦の石橋戦で2-1の6回2アウト2塁のピンチで緊急のリリーフ登板すると狙い通りの三振を奪い、その後は安定した投球を見せて無失点に抑え、1点差で辛くも勝利した。

 最速146km右腕だがこの日も145kmを記録、プロ4球団のスカウトが視察に訪れ、オリックス・牧田スカウトは「肘から先の使い方は素晴らしい。あれだけ腕が振れるのはひょうかしたい。将来性がある楽しみな投手」とコメントしている。

プロ注目の星3回1/3無失点/栃木大会- ニッカンスポーツ・コム:2012/07/16

 2点リードで迎えた6回表。2失策から1点を返され、なお2死二塁、一打同点の場面で先発の尾島孝秋投手(3年)からスイッチされた。「三振を狙った」とスライダーで狙い通りの三振を奪い自然とガッツポーズ。笑みがこぼれた。

 中略 
「納得いく直球はなかった」と言いつつもスカウト陣のスピードガンでは最速145キロを計測した。「そんな球速が出ているとは思わなかった。低めへのコントロールを良くしないといけない」と、投球内容に満足はしていなかった。注目右腕は自らを見失うことはない。 全文はニッカンスポーツ・コムのサイトをごらんください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント