オリックス、スカウト会議で即戦力投手の補強を確認

藤浪晋太郎, 大阪桐蔭

 オリックスはスカウト会議を開き、ドラフト指名候補を70人から80人に絞り込んだ。ドラフト1位では大阪桐蔭・藤浪晋太郎投手を指名する事を確認した。

 また長村編成部長は「基本は即戦力の投手が欲しい」と話し、即戦力投手中心の指名になる事を明かした。

 オリックスは1日、球団事務所でスカウト会議を開き、今月末のドラフト会議に向け、大学生と社会人選手の約80人を指名候補としてリストアップした。
 今年は即戦力の投手を1位指名する方針を固め、長村裕之編成部長は「バッテリーが欲しい。(指名は)投手と捕手が中心になる」と話した。また、高校生では大阪桐蔭高の藤浪晋太郎投手を1位候補としており、「地元が大阪だし、(指名に)いかない手はない」と評価した。


PAGE TOP