広島ドラフト1位・中村奨成選手、正捕手として40歳以上までプレーする事を目指す

中村奨成

広島は新入団選手発表を行い、ドラフト1位の中村奨成選手は、新人王獲得、トリプルスリー、広島一筋、正捕手、40歳以上までプレー、の目標を掲げた。

広島一途

中村選手は会見で、「捕手としてカープの看板選手になることだけを考えていきたいです。ずっとカープで、引退を迎えたいと思います」と話し、「最低でも40歳まではやりたい」と、生涯カープで長い間プレーする事を誓った。

中村選手は今夏の甲子園で清原選手を越える6本塁打を記録し、その打撃を生かすためにドラフト前にはプロのスカウトから、内野手に転向させて負担を軽くし打撃を生かしたいという声も聞かれた。

またカープでは今年のルーキー・坂倉将吾選手が捕手として2軍で大活躍を見せた。共に打撃も捕手としての力もある選手で、これから競い合っていく事になるが、「小さいときからずっと捕手をやっているので、他の選手に負けたくないという思いはある。正捕手の座を渡したくない。」捕手としての強いこだわりを見せた。

正捕手の座をつかむために、「まずは新人王を獲って、最終的にはトリプルスリーだったり、誰も成し遂げていないような記録をつくりたい。」と話した。そして「3年以内に1軍に上がって、10年以内に正捕手になりたい」と目標も立てた。

高いレベルでの競争で成長をし、捕手として記録を作り続ける選手になる。捕手として大成してほしい。

2017年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

晴れの舞台。中村奨は大志を飾ることなく素直に言葉に乗せた。「まずは新人王を獲って、最終的にはトリプルスリーだったり…。誰も成し遂げていないような記録をつくりたい。3年以内に1軍に上がって、10年以内に正捕手になりたい」。思い描いたプロ人生の設計図。すべての夢には「捕手で」という強いこだわりが付いた。

「捕手としてカープの看板選手になることだけを考えていきたいです。ずっとカープで、引退を迎えたいと思います」

今夏の甲子園で1985年のPL学園・清原和博を超える1大会最多6本塁打を放った怪物捕手。「まず新人王を取って、最終的にトリプルスリーとか誰も成し遂げてない記録を作りたい」と、〈1〉2014年の大瀬良以来の新人王獲得〈2〉球界初となる捕手でのトリプルスリーを誓った。
 小さい頃からの筋金入りのカープファン。メジャーへの関心を聞かれても「まったくないです」と力強い。「ずっと(広島)一筋で引退を迎えたい。40歳くらいまでプレーできれば」と、〈3〉生涯カープ〈4〉不惑で現役も宣言してみせた。


PAGE TOP