広島カープのドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。広島カープ編

広島

〇タイプ:育成型、非競合型
〇監督:野手出身、どちらかというと攻撃中心のチーム
〇決定者:松田オーナー、苑田スカウト部長などフロント中心
〇補強ポイント:主軸打者(左・右)、ショート、サード、レフト、左腕投手
〇近況:今年はAランクが多いと苑田スカウト部長

広島カープは以前より育成型のチームとして知られ、特に野手は高校生を育ててチームの戦力にする。近年は大瀬良大地投手、有原航平投手、田中正義投手と目玉クラスの指名が多いが、基本的には単独1位指名を理想としている。最終決定者は松田オーナー。
緒方監督は基本的には野手を中心とした、走攻守のそろったチームを理想としており、現在は田中選手、菊池選手、丸選手、鈴木選手を中心に堅い守備と打線を組めるチームとなり、セリーグ2連覇を達成している。

補強ポイントとしては主軸を外国人やベテラン新井選手が打ち、松山選手は相手投手に限定して4番に起用している。2017年に中村奨成選手を獲得し右の大砲候補となるが、左右ともにスラッガー候補はも少し欲しい。

ポジションではキャッチャーが坂倉選手、中村選手の2人で10年から20年は大丈夫そう。固定されていないポジションは、ファースト、サード、レフトの3つ。サードについては、安部選手、西川選手という有力選手がいるほか、中村・坂倉選手がサードで出場する事も想定される。ファースト・レフトは外国人選手との競争となるため、薄いというポジションは無さそうだ。

ただし鈴木選手が故障をした時に戦力ダウンが見られた。野間選手など控えの外野手もいるが、外野手も層を厚くしておきたい。ただしメインは次世代の選手の獲得が予想され、特に貴重なショートの素材型選手は獲得しておきたい。

投手も 岡田明丈投手、薮田和樹投手、大瀬良大地投手が素晴らしい成績を残し、右は加藤拓也投手もいる。補強では左右はこだわらない方針になったようにも感じられるが、CSで敗れたDeNAの左腕投手陣を見ると、左腕の補強もしてゆきたい。2016年のドラフト2位・高橋昂也投手、3位・床田寛樹投手の成長も期待したい。

ドラフト候補は

ショートの候補では他球団も獲得を狙っているが、報徳学園・小園海斗選手、大阪桐蔭・根尾昂選手、天理・太田椋選手などを獲得できれば、ポスト田中、あるいは田中選手をサードに回していく事もできる。

主軸を打てる将来性のある選手としては、花咲徳栄・野村佑希選手、波佐見・内野裕太選手、東海大相模・森下翔太選手、横浜・万波中正選手、中京大中京・沢井廉選手、健大高崎・山下航汰選手、大学生では法政大の中山翔太選手、立命館大の辰己涼介選手、亜細亜大の正随優弥などの獲得を目指したい。

投手ではリリーフもできる日体大の東妻勇輔投手、東洋大の梅津晃大投手やHonda・齋藤友貴哉投手、法政大の菅野秀哉投手、東海大の青島凌也投手、国学院大の清水昇投手、関西大の山本隆広投手などの他、左では八戸学院大の高橋優貴投手、富士大の鈴木翔天投手やHonda鈴鹿の平尾奎太投手、日本生命の高橋拓巳投手などを獲得したい。

また高校生投手では浦和学院の佐野涼弥投手や高岡商の山田龍聖投手、大阪桐蔭の横川凱投手、近大付の大石晨慈投手などの左腕を獲得して育てたい。

広島カープのドラフト会議


PAGE TOP