金足農・吉田輝星投手には何球団が1位指名するか

吉田輝星, 金足農

この日、プロ志望届を提出した金足農の吉田輝星投手について、各球団からも反応が出ている。最終的に吉田投手には何球団が1位指名するか。

12球団の反応

広島は松田オーナーが「当然1位候補。有能な選手だし投球がうまい。うちがダメでもセリーグに来てほしい」と話した。大阪桐蔭の根尾選手、藤原選手、報徳学園の小園選手などの高校生野手の指名が有力と見られるが、吉田投手も1位候補に挙げており12日の会議で絞り込むが、高校生野手の指名が有力。 可能性:低

東京ヤクルトは伊東昭光部長兼編成グループチーフが、「SS級の選手。真っすぐの質が高い」と評価しており、橿渕チーフスカウトも「高校生トップの位置づけは変わらない。もちろん各球団の1位候補になると思います」と話した。「うちは投手の補強は必要。大学生、社会人を含めてこれから相談したい」と話すが、衣笠オーナーは甲子園で活躍した高校生の獲得を希望しており、またエースの石川投手が秋田出身で、吉田投手の可能性は高いとみられる。 可能性:高

巨人は坂本選手が30歳台となり次世代のショートの育成を最優先とした。1位指名は根尾選手が有力 可能性:なし

横浜DeNAは、高田繁GMが「ストレートはすでに一流。体も強い。投げ切るスタミナもある。下半身もしっかりしている。ただ、対になる変化球を身につけないと。そうすれば真っすぐが生きる」と話し、「1位候補の選手が増えたことは良かった。現時点では高校生の投手でNo・1の評価」と評価した。これまでのスカウト会議でも、吉田投手がプロ志望すれば変わってくると話していたが、また吉田スカウト部長も「当然、戦略は変わってくる。1位候補に入ってくるわけだし、他球団の動向も見ながら。甲子園でものすごく成長した。順調にいけば夏頃には1軍に出てこられるんじゃないか」と話した。先発右腕は補強ポイントで、東洋大・上茶谷投手も1位指名候補に挙げており、1位指名の可能性がある。 可能性:中

中日はすでに、根尾選手の1位指名を公表しているが、根尾選手には巨人など複数球団が指名する可能性があり、「吉田君が残っていれば」と吉田投手が外れ1位で残っていたら指名する可能性がある。山本スカウトは「スイッチが入ったときのストレートは素晴らしい」と評価し、「くじを外して吉田君が残っていた場合には考える」と話した。 可能性:なし

阪神は谷本修球団本部長が「金本監督も気に入っていたと思います。力投型でね」と話しており、「すぐ出てくるんじゃないかという評価」をしている。大阪桐蔭の根尾選手、藤原選手、報徳学園の小園選手の他、東洋大・上茶谷投手など大学生投手が候補に挙がるが、即戦力投手が補強ポイントとして優先度が高くなっており、吉田投手が1位候補に残りそうだ。 可能性:中

埼玉西武は鈴木葉留彦球団本部長は金足農・吉田について「マウンドさばき、フィールディングも良く、甲子園のスターでもある。2位までには残らない」と評価している。また渡辺SDは「1位候補だし、人気になるよね。うちは志望届を出した時点で再検討となっていた。持っているものは甲子園で実証済みだからね」と話した。9月の編成会議で1位候補を約10人に絞り、ほとんどが投手だったが、鈴木氏は「指名するかは別問題」と濁した。単独1位指名を好む球団で、吉田投手の単独1位指名を狙ってくるかもしれない。 可能性:高

福岡ソフトバンクは三笠杉彦球団統括本部長が「プロ野球に関わる人間としてはうれしい」とプロ志望を歓迎し、「1位レベルの評価」と評価した。チーム事情から即戦力投手か将来性のある野手が有力で、東洋大の甲斐野投手、上茶谷投手、梅津投手、大阪桐蔭・根尾選手の名前が挙がるが、吉田投手の1位指名の可能性もある。 可能性:中

北海道日本ハムは大渕スカウトが「変わらず高く評価している」と話し、「たくさん悩んだ末の決断になったと思う。上位候補の一人として再検討していく」と話した。今月中旬のスカウト会議で絞り込みを行う予定でだが、大阪桐蔭の根尾選手、藤原選手も高く評価しており、その年のNo・1を指名する球団方針で、根尾選手の指名が有力か。可能性:低

オリックスは長村裕之球団本部長が「真っすぐの質、将来性を含めて素晴らしい」と評価。将来のチームを考慮し大阪桐蔭・根尾選手、報徳学園・小園選手に注目しているが、西村新監督の意向が注目される。可能性:低

千葉ロッテは林信平球団本部長が「152キロを投げるのは魅力。何%かは言えませんが1位で行く可能性はある」と話し、1位指名の可能性を話した。 可能性:中

東北楽天は石井一久GMが、「球の質、マウンドでの立ち姿が素晴らしい」と評価し、甲子園終了後もラブコールを送っており1位候補の一人と明言している。しかし大阪桐蔭の根尾選手が最有力となっている。可能性:低

1位指名は、多くて2球団、どこかの単独1位指名の可能性が高いのではないかと思う。もし1回目の入札で指名が無ければ、根尾選手などを外した球団が2回目の入札で吉田投手に殺到する事になりそうだ。

2018年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

☆広島 「当然1位候補。有能な選手だしセ・リーグに来てほしい」と松田元オーナー。大阪桐蔭の根尾、藤原、報徳学園の小園、東洋大の上茶谷、甲斐野、梅津、立命大の辰己らも1位候補で、12日の会議で絞り込む。

☆西武 9月の編成会議で1位候補を約10人に絞り、ほとんどが投手。鈴木葉留彦球団本部長は金足農・吉田について「マウンドさばき、フィールディングも良く、甲子園のスターでもある。2位までには残らない」と評価。

DeNA・吉田スカウト部長は「当然、戦略は変わってくる。1位候補に入ってくるわけだし、他球団の動向も見ながらだね」とし、西武・渡辺SD兼編成部長は「ドラフト1位候補だし、人気になるよね。持っているものは甲子園で実証済みなんだから」と不変の評価を強調。日本ハム・大渕スカウト部長は「たくさん悩んだ末の決断になったと思う。上位候補の1人として、再検討していく」と話した。

ロッテの林信平球団本部長は「間違いなく1位候補ですね。150キロを超える直球が魅力的。(吉田も)1位で消える選手。そのつもりで検討します」とドラフトの目玉に対して最大級の評価。今秋ドラフトではチームは大阪桐蔭・藤原、根尾と東洋大・甲斐野らも1位候補に挙がっているが、チームの補強ポイントや他球団との兼ね合いを見ながら指名の検討に入る。

ヤクルト・伊東編成部長「1位候補に間違いない。真っすぐの質が高い」

巨人・岡崎スカウト部長「ボールの質がいいし、一番は投げるスタミナがある」

DeNA・高田ゼネラルマネジャー「1位評価の実力があることは前から言っている。体は強いし、下半身もがっちりしている」

中日・中田アマスカウトディレクター「プレートの位置を変えたりし、自分で考えて投げることができるいい投手」


PAGE TOP