生え抜き選手で3連覇の広島のスカウティング

セリーグでは巨人以外で初となる3連覇を達成した広島カープ、生え抜き選手が並ぶ最強チームを作った広島のスカウティングに注目が集まる。

育成の広島

元々、広島カープと言えば練習が厳しいというイメージがあり、それが選手にもコーチにも覚悟をさせている、と元西武ライオンズの石毛宏典氏が話す。選手も厳しい練習をするのが当たり前と考え、コーチも厳し練習をさせることができる。

そして、それが根源となり、ドラフト会議では「体の強さ」と「性格」を第一に考えたスカウティングをしている。鈴木誠也選手、田中広輔選手を獲得した尾形スカウトは、体の強さを第1にチェックしたうえで、「1球目から振りにいけるか、打たれた時どういう態度を取るか」を見ている。また、西川龍馬選手を獲得した松本スカウトも、所属するチームの監督にヒアリングをし、「監督にもよく練習するって聞くし、カープは練習ができる体がないとついていけない。1人でもやるタイプと聞いていた」と、厳しい練習に耐えられるかを基準にスカウティングをしていた。

このようなことは他球団のスカウトもしっかりやっている。これがカープだからという事はない。またカープの、「選手を育てる」というビジョンや「練習が厳しい」というイメージは、以前から変わっていない。しかし、以前は練習が厳しいという事で敬遠されたり、選手が育っても、他球団やメジャーへ流出してしまう球団だった。黒田投手、金本選手、新井選手、江藤選手、前田投手など主力が流出した。

それでも、黒田投手、新井選手がチームに戻る流れを作り出した事、そして、逆指名ドラフトがなくなり、それ以前でもドラフトでは、指名される側の選手が逆指名などをすることで立場が上の売り手市場だったが、現在はそういう事もなくなった。大瀬良投手のように厳しい練習を望む意識の高い選手が評価されるようになった。

体を鍛える技術も、そして指導する技術も高くなっていると思う。アマチュア時代に結果を残すことができた選手でなくても、プロで活躍させられるようになった。チームのビジョンと指導するコーチ、獲得した選手がフィットし、鈴木選手、田中選手、丸選手、菊池選手などの他、薮田投手、岡田投手、中崎投手、アドゥワ投手などがたたき上げで成長し、3連覇するチームができた。

ただし、これがいつまでも続かないのが戦いの世界、チームというのはいつも流動的で、石井コーチや河田コーチが移ったり、または選手もこれから年俸も上がり、またメジャーへの思いを持つ選手も出て移る事もある。ソフトバンクのように資金力があれば、今の田中選手、丸選手、鈴木選手、大瀬良投手で連覇を狙っていくチームにもなれると思うが、そうなるとチームの流動性がなくなり、若手が出てきて活性化させることも少なくなってしまう。日本ハムのように主力がどんどん流出しても、若手が出てくることの活性力を生かしているチームもあるが、連覇を続けていくのは難しい面もある。

まだ、セリーグの他球団が追いついていない部分もあり、カープの連覇は続くかもしれない。そして、現在の次のチーム作りでも、中村捕手や高橋投手などを獲得し、これもセリーグ他球団より先に行っている感じもする。今後もカープのチームの維持、それに伴うドラフト指名に注目をしたい。

広島東洋カープ、過去のドラフト指名一覧
広島東洋カープのチーム構成・世代表

過去2年に続き、生え抜き選手がずらりと並び、成し遂げた球団史上初の3連覇。ドラフト上位指名のみならず、松山(07年大学生・社会人ドラフト4巡目)や中崎(10年ドラフト6位)、西川(15年同5位)、アドゥワ(16年同5位)ら下位指名選手も表舞台で輝く。その原石たちを発掘した、先見の明を持つスカウト陣の尽力も計り知れない。苑田聡彦スカウト統括部長は「気持ちと体力。うちの練習でうまくなってくれた」と育ったナインを見ながら目を細めた。
「育成のカープ」の根源は-。ドラフトの基本方針は、野手ならば肩の強さと足の速さを重要視し、投手ならば大学生や社会人は主に即戦力、高校生は3、4年後を見据え高身長など素材重視。高校通算本塁打数などの結果は試合数の違いや球場の大小もあるため参考にはしないが、苑田スカウト統括部長は「性格は見る」と能力以外での重要ポイントを明かす。
各地域の担当スカウトは随所で性格把握への糸口を探る。鈴木や田中の獲得に携わった尾形スカウトは「体の強さ」を求めた上で「1球目から振りにいけるか、打たれた時どういう態度を取るか」という。松本スカウトは獲得に携わった西川を例に「(所属した社会人野球チーム・王子の)監督にもよく練習するって聞くし、カープは練習ができる体がないとついていけない。1人でもやるタイプと聞いていた」。選手の人間性を把握するため、何度も足を使って金の卵発掘に努めた。


PAGE TOP