広島、即戦力投手の1位指名浮上、高校生投手指名は「白紙になるかも」

2021年ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース

広島の白武スカウト部長は、これまで1位指名有力としてきた高校生右腕投手について、「白紙になるかもしれないし、そのままいくかもしれない」と話した。

スポンサーリンク

即戦力投手指名が浮上

広島はこれまで、高校生投手の1位指名を想定していたが、ドラフト会議前日のスカウト会議で白武スカウト部長は「白紙になるかもしれないし、そのまま行くかもしれない。決まっていない」と話し、その他の選手を指名する可能性が浮上した。

候補としては筑波大の佐藤隼輔投手、法政大の山下輝投手、西日本工業大の隅田知一郎投手の左腕投手の他に、東北福祉大の椋木蓮投手も候補に浮上した模様。

この日は佐々岡監督が出席しておらず、ドラフト会議の直前に行うスカウト会議で、監督の意見を聞き、即戦力投手か高校生で行くかを決める。広島は1位指名重複を避ける方針があり、即戦力の場合は法政大の山下輝投手、高校生の場合は高知高・森木大智投手の指名となりそうだ。

広島1位指名絞り込めず 高校右腕3投手に大学即戦力投手の可能性も浮上 - プロ野球 : 日刊スポーツ
広島は都内ホテルで行った約2時間のスカウト会議で、1位指名選手を絞り込めなかった。今月1日に行われた会議では、市和歌山・小園、高知・森木、ノースアジア大明桜・… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント