DeNA、法政大・山下輝投手の指名も

2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、1位候補は5,6人としているが、法政大の山下輝投手に注目をしている事がわかった。

スポンサーリンク

ドラフト1位指名も

法政大で新型コロナのクラスターが発生した関係で、夏から秋にかけて試合だけでなく練習も行うことができなかった150キロ右腕・山下輝投手、この秋、初となる登板をし、7回7安打12奪三振2失点の投球をみせた。「ベストピッチじゃないけど、2,3に入ると思います」と実力の一端をみせた。

法政大は今月上旬に、唯一の実戦となる紅白戦を実施したが、そこで横浜DeNAは河原スカウティングディレクターだけでなく、三原球団代表も視察に訪れていた事がわかった。

ドラフト会議前日のこの日は、スカウト会議を行い、進藤スカウト部長が「1位候補は5,6人に絞り込んだ」としたが、「活動が休みで、チェックが難しい大学、社会人もあった」と話し、山下投手が1位指名候補に入っていることを示唆した。

横浜DeNAは、ドラフト1位指名は狙った選手を確実に取る方針で、競合は避けられれば避ける方針を取っている。そのため、毎年1位指名を公表せず予想が難しい球団だが、今年もドラフト1位では他球団が公表している選手は避けるとみられ、ソフトバンクが公表した風間投手、福岡ソフトバンクが公表した隅田投手の指名はなさそうだ。

また、小園投手など指名競合が予想される選手は避け、1位指名は筑波大・佐藤隼輔投手、関西学院大・黒原拓未投手、法政大・山下投手、または三菱自動車倉敷オーシャンズの廣畑敦也投手などが予想される。

DeNA、ドラフト会議で法大・山下「一本釣り」狙う 最速152キロ左腕 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAは11日のドラフト会議で、最速152キロ左腕、法大・山下輝の「一本釣り」を狙う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント