広島カープのドラフト1位・斉藤優汰選手が契約金1億円、年俸800万円で仮契約

広島カープドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

広島は、ドラフト1位で指名した苫小牧中央の斉藤優汰投手と、契約金1億円、年俸800万円で仮契約を交わした。背番号は47。

スポンサーリンク

155キロ目指す

例年、ドラフト1位指名が比較的の多い高校生投手で、今年は唯一のドラフト1位指名となった斉藤優汰投手、189cm91kgの恵まれた体から最速151キロの速球を投げ、ストレートの角度や制球もある。

ただし、投球の内容に好不調の波があり、球団からは来年1年間は体作りを中心にじっくり育てる方針を伝えられた。斉藤投手も「走り込みをしたら、もっとスピードが出ると言ってもらった。考えながら鍛え、3年後には155キロを出したい」と話した。

契約金については、「とんでもない額」と話し、一人で育ててくれた母へ恩返しをする。それでも、「枕や体のケアの道具は、少し買ってもいいのかな」と話した。

将来、広島カープの右のエースとして投げているイメージが想像できる。大いに期待したい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
2022年度-高校生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
広島ドラ1・斉藤「3年後には155キロ出したい」 夢は侍ジャパン!背番号47を右腕の番号に覆すぞ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島からドラフト1位指名を受けた苫小牧中央(北海道)の斉藤優汰投手(18)が11日、北海道苫小牧市内のホテルで契約金1億円、年俸800万円で仮契約した。背番号は47。最速151キロ右腕は球速155キロ到達を当面の目標に掲げ、将来の侍ジャパン入りにも夢を膨らませた。
【広島】ドラ1斉藤優汰「藤川球児さんのような軌道のストレートを投げたい」
 広島からドラフト1位指名された苫小牧中央高の斉藤優汰投手(18)が11日、北海道・苫小牧市内のホテルで契約金1億円、年俸800万円で仮契約した。背番号は「47」に決定。151キロ右腕は「プロでも磨き
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント