広島ドラフト7位・大阪観光大の久保修選手が契約金2500万円・年俸600万円で仮契約

広島カープドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

広島はドラフト7位で指名した大阪観光大の久保修選手と、契約金2500万円、年俸600万円で仮契約を交わした。背番号は56。

スポンサーリンク

大学2年時にケガで挫折

久保修選手は、遠投120mの強肩と、50m5.9秒の俊足の持ち主で、特に今年は多くのプロのスカウトが視察をしており、高い評価も聞かれていた。

しかし大学では2年時に左足首の捻挫をすると、新型コロナの感染拡大によって世の中の動きが止まってしまい、約2ヶ月間、大学からも練習からも遠ざかってしまった時があるという。

元プロの伊勢氏はこの時、久保選手に対して、「お前の心境をきかせろ」と電話を入れ、久保選手をグラウンドに呼ぶと、久保選手は「野球も大学も辞めたいと思っています」と伝えた。すると、伊勢氏は「お前はアホか」と叱り、「お前はプロでも絶対やっていける選手やから、そんなことで諦めてどうするんや。ワシの夢はお前がプロで活躍すること。活躍する姿を見たいんや」と話したという。

この言葉で、「絶対にプロに行って活躍して恩返ししたいと、そういう気持ちにさせてくれた言葉でした」と野球に対する熱が復活し、ドラフト会議で指名されて夢を叶えた。

担当の鞘師スカウトも「足と肩は100%通用する。打てる方だって全然悪くない」と話す。伊勢氏からは広島カープについて「12球団で1番練習量がしんどいチーム」と伝えられたが、「1日でも早く1軍の舞台で、自分が試合に出ること」と、恩師にプロの1軍でプレーする姿を見せることを誓った。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【広島】ドラ7久保修コロナ禍で「野球も大学も辞めたい」「お前はアホか」恩師の言葉でプロ志す - プロ野球 : 日刊スポーツ
広島からドラフト7位で指名された大阪観光大・久保修外野手(22)が15日、大阪市内のホテルで担当の鞘師スカウト、松本スカウトとともに契約金2500万円、年俸6… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント