伊東商・竹安大知投手に広島、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムのスカウトが視察!

高校野球ドラフトニュース 広島カープドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 静岡大会では2回戦で伊東商vs静岡市商の試合が行われ、伊東商の竹安大知投手が球速は136kmだが9回で5安打7奪三振で完封勝利を挙げた。

 この試合には広島、福岡ソフトバンク、北海道日本ハムの3球団が視察に訪れたと日刊スポーツが報じている。

 竹安投手は181cmから141kmを投げる本格派右腕でこれまでのプロが注目していた。1回戦の伊東戦では10安打を浴びて5失点と散々の内容だったがなんとか勝ち上がり、中1日で立て直し好投した。

伊東商・竹安が中1日完封/静岡大会 - ニッカンスポーツ・コム:2012/07/17

 プロ注目の右腕、伊東商・竹安大知投手(3年)が静岡市商から7三振を奪い完封した。制球難で苦しんだ伊東戦を反省し、丁寧な投球を心掛けた。中1日の登板だったが、温泉と回復を早めるドリンクを飲み臨んだ。スタンドからは広島、日本ハム、ソフトバンクのスカウトが熱視線。最速は136キロだったが「三振を取りたいけど欲を出すと、敗戦につながったり自分を苦しめる。0点に抑えるためだけを考え、7割程度に直球を抑えて投げた」と振り返っていた。 全文はニッカンスポーツ・コムのサイトをごらんください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント