【更新】日大三・吉永健太朗投手、148kmで13奪三振!

吉永健太朗, 日大三

日大三・吉永健太朗投手が日本文理との1回戦に臨んだ。序盤は調子はそれほど良いとは言えず、2回は2塁打、3塁打など長打を許して2失点。しかし、まずはスライダー、シンカーを多投し三振を奪っていくと大差がついた7回からは140km中盤のストレートで押すピッチング、田村投手の打席で148kmをマークした。結局日本文理打線を4安打3失点、13三振を奪い勝利を挙げた。

吉永投手はスライダーの曲がりも大きくシンカーも素晴らしい。この変化球もプロが評価するポイントで、調子が悪くても試合を作ることができる底力を見せた。

視察したプロのスカウトも高い評価を下した。広島・苑田スカウト部長は「腕の振り方がいい。この先がもっと楽しみだ」とコメント、また中日・米村スカウトも「体のバランスが投手向き。素材は十分に力がある」とコメントしている。大学進学という話もあるが、今後の投球に、そして進路に注目したい。

  •  - 

  • PAGE TOP