中日、「満点じゃないですか」NO.1で評価していた社会人と高校生獲得

鈴木博志, 石川翔

ドラフト会議では中村奨成選手を指名して抽選で外した中日だが、関係者からは大満足の声が挙がった。チーム内で社会人と高校生でNO.1と評価していた選手が獲得できた。

満点、最高

参加した球団幹部からは大満足の声が挙がった。中田スカウト部長は、「満点じゃないですか。鈴木博志石川翔という、社会人と高校生でNO.1の評価をしていた投手を同時に指名できた。」と話すと、中村選手を抽選で外した森監督も「上出来でしょう。うちは投手陣が一番手薄、いい補強ができた。最高だね。」と話した。

西山球団代表は「足の速い人、球の速い人、若い人という3つの方針があった。そういう意味では良いドラフト。」と指名方針を明かし、清宮選手を回避した理由について「今のバランスを考え、どういうチームを作っていくかを考えた。近い将来に強いドラゴンズへと作り直していくということ」と話した。

高校生、右腕の指名

指名した投手は全員右腕だった事について中田スカウト部長は「左腕も欲しかったが、4位で清水が残っていたので力を優先した」と話した。おそらく4位では、田浦文丸投手(ソフトバンク5位)、櫻井周斗投手(DeNA5位)などを指名しようと思っていたのではないかと思うが、中日の5位までは残らなかった。

抽選で中村選手を外し、将来チームを任せられる主砲、捕手の獲得はできなかったが、スピードのある投手と野手を指名し、大満足のドラフトとなった。

2017ドラフト指名選手
中日ドラゴンズのドラフト会議


PAGE TOP