中日のドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は中日編

ソフトバンク広島カープ埼玉西武阪神東北楽天横浜DeNAオリックス巨人北海道日本ハム

中日

〇タイプ:育成型
〇監督:投手出身
〇決定者:中田宗男スカウト部長
〇補強ポイント:主軸打者、センターライン、先発投手
〇近況:大阪桐蔭の根尾昂選手や名城大の栗林良吏投手など10人を最上位指名候補、地元の選手を積極的に指名方針

落合GM体制から一変し、昨年は高校生の指名を続けた中日は、中田スカウト部長、森監督などが一致して高校生を育ててチームの変革を図る方針が見えた。元々は高校生の選手が中心のチームだったが、落合GM時代に社会人と大学生路線のドラフト戦略となった。しかし、そこで指名された選手が結果を出せずに苦しみ、2014年ドラフト1位の野村亮介投手、2位の浜田智博も戦力外となり、チームはリーグで最下位を争う状態になった。それを見直し、出直しとなったのが昨年のドラフトという事になる。

森監督は投手出身で、ナゴヤドームでの戦い方からしても基本的には投手を中心とした守備のチームとなる。センターラインの強化で昨年は京田選手がピタリとはまり、今年は大野捕手をFAで獲得した。着々とチーム作りは進んでいる印象を見せる。ただし、荒木、井端、森野、和田、谷繁といったチームを支えたベテランが一人ずつ抜け入れ替わりの状況で、大島選手、平田選手が中心のチームになってほしいが、やはり外野手ではチームの中心になりにくいのか、軸が見えない状況が続いている。内野手でリーダーシップを発揮できるサードの選手を獲得したいところだ。

捕手は大野捕手を獲得し、また木下拓哉捕手、加藤匠馬捕手などもいるが、やはり高校生捕手を獲得して次世代の捕手を育てていきたい。中村奨成選手の抽選を外し、ここ2年間は捕手を獲得していないので指名は確実だろう。内野手では京田選手と二遊間を組める選手が欲しい。高校生内野手が入ってくれば、バランスも良く楽しみな状態になる。

また外野手も数も足りないし世代交代を考えていく時期にもなっている。1番を打てる選手、または4番を打てる選手を指名したい。ファームを見ると、高橋周平選手の5本塁打が最高で、非常に寂しい状態が続く。2ケタを打てる選手が欲しいところ。

投手では大野投手が7勝8敗と思うように勝ち星が稼げなくなっており、一昨年に活躍をした若松投手が結果を出せず、吉見投手も結果を出せなかった。また若い小笠原投手も爆発力に期待したが5勝8敗とチーム状況に飲まれたか。ルーキーの柳投手も、即戦力として指名したが期待外れとなってしまった。

ファームでは阿知羅拓馬投手が9勝を挙げたが若手の台頭もあまりみられず、ルーキーの石川翔投手、清水達也投手、山本拓実投手から新たな投手陣づくりが始まる。そのためには今年も同じくらいの投手は獲得したい。

ドラフト候補は

新たなチーム作りとして、その象徴となりそうな選手を獲得したい。報徳学園の小園海斗選手、大阪桐蔭の根尾昂選手、 藤原恭大選手などは野手のリーダー格になりそうな選手で、特に岐阜出身の根尾選手を獲得し、チームの中心に据えたい。

次にほしいのはスラッガー候補、または捕手。打てる捕手ならば早稲田実の野村大樹選手でも入ってくれたら面白そうだが、昨年の中村選手や村上選手のような打てる捕手はいなさそうで、スラッガーならば花咲徳栄の野村佑希選手、健大高崎の山下航汰選手、東海大相模の森下翔太選手、横浜の万波中正選手、波佐見の内野裕太選手などから1人、2人でも獲得できればかなり期待が持てる。捕手は上武大・吉田高彰選手などがいるが、社会人で実績を積んだ選手などを獲得し、大野捕手と競わせたい。

投手では日体大・松本航投手や東洋大・甲斐野央投手が取れれば面白いが、野手を優先させて3位以下で浦和学院の佐野涼弥投手や日本文理の鈴木裕太投手、高岡商の山田龍聖投手、松商学園の直江大輔投手、大垣日大の修行恵大投手、近大付の大石晨慈投手や大阪桐蔭の横川凱投手、明徳義塾の市川悠太投手、松山聖陵の土居豪人投手、創成館の川原陸投手などから2人くらい指名できれば将来に期待が持てるだろう。

中日ドラゴンズのドラフト会議


PAGE TOP