北海道日本ハムのドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は北海道日本ハム編

ソフトバンク広島カープ埼玉西武阪神東北楽天横浜DeNAオリックス巨人

北海道日本ハム

〇タイプ:NO.1選手指名、育成型
〇監督:野手出身、攻撃中心
〇決定者:吉村浩GM
〇補強ポイント:ポスト大谷、内野手、キャッチャー、リリーフ
〇近況:根尾昂投手などをリストアップ

北海道日本ハムはドラフト1位で大谷翔平選手や有原航平投手、清宮幸太郎選手などを獲得、ドラフト1位で大物選手を獲得し、その選手がしっかりと結果を残すまで育ってチームを支える、育成型のチームである。ただし、「2年目にはファームで主力になると判断できる選手」を獲得する方針を吉村GMが打ち出しており、基本的に3年以上かけて育てるような選手はあまり指名しない他、球団の保有人数枠も65人前後にして、ファームでも全選手が試合に出場できるような環境にしている。

栗山監督は基本的に攻撃が中心の監督といえ、強気の攻めが目立つ。大谷選手を使いながら育てることができた。

一昨年日本一となったチームだが、課題は多いチームでもあった。そして昨年はリーグ5位となり、今年はさらに補強ポイントが広がっている。一昨年は陽選手がFAで移籍し、今年は大谷選手の他、大野捕手、増井投手など主力が続々と抜けた。中田選手は残留し、次々と選手が出てくるチームだとは思うが、これだけ抜けていくとチームがガタガタになるリスクもある。ただし、清宮幸太郎選手の獲得という明るい話題がチームを救うかもしれない。4番候補としては今後4年間は考えなくてもよいと思う。

その中で今年の補強だが、まずは内野陣。ベテランとなった田中選手の後を石井選手が託されたものの、ショートの中島選手が安定せずショートに回ると、セカンドは太田賢吾選手、渡邉諒選手、横尾俊建選手などが守り、結局固まらなかった。チームも昨年のドラフトで即戦力内野手は獲得せず、これらの選手の台頭を待つ姿勢を見せている。一昨年のファームで結果を出しているこれらの選手や平沼翔太選手も含め誰がポジションを奪うか。ただしその結果がどうあれ、次世代の内野手候補は必要な時期にきており、高校生内野手の補強はチームにとってトップクラスの優先度となりそうだ。

次に外野手、西川選手がレギュラーを奪っている中で、昨年は松本選手が台頭し、巨人から獲得した大田選手も加えてまずまずの外野陣となった。しかしさらに上を目指すために浅間大基選手、宇佐美塁大選手、岸里亮佑選手や昨年は活躍を見せられなかった岡選手などと競争となる。ただしこちらも若い野手がいなくなっている。高校生外野手を一人は加えたい。

捕手は大野選手の抜けた穴は大きく、さすがにチームも他球団から、特にこれまで放出した捕手を集めている。また4割バッターの近藤選手を捕手にする動きもある。ただし捕手として負担をかけることが近藤選手にどんな影響を与えるか、やはり若い石川亮選手、清水優心選手、郡拓也選手の成長が待たれる。昨年は捕手を獲ら無かったこともあり、今シーズンの捕手の成長次第では、今年のドラフトでは上位で捕手を持ってくる可能性もありそうだ。

投手も危機感がある。大谷投手が活躍できなかった昨年はリーグ5位となってしまった。有原投手が10勝13敗と奮闘をしたものの、エースとしての軸とはなり切れなかった。大谷投手が抜け、エースとしての自覚を持つと負け数も減るかもしれないが、有原投手に続く投手もなかなか挙げられない。昨年のドラフトでは西村投手、鈴木投手の先発候補を獲得したが、どのくらい勝ち星を挙げるか次第で、やはり今年のドラフトの本命はエース級の先発投手という事になりそうだ。

常に獲得を意識している左投手では、井口和朋投手、田中豊樹投手、堀瑞輝投手、高山優希投手を獲得しており、堀投手が台頭の気配を見せている。昨年も宮台投手を獲得しており、良い投手がいれば指名をしそうだ。

ドラフト候補は

多くのポジションで1軍の戦力とファームの育成が連動しており、1軍戦力に穴を空け、そこにファームから選手を供給されることで、チームの活性化につながっている。ただしこのバランスを長く保つのは非常に難しく、穴が大きすぎると崩れていく可能性もある。

ドラフト1位ではチーム状況にまだ余裕があれば、高校生内野手を優先させ、小園海斗選手、大阪桐蔭の根尾昂選手、 太田椋選手の指名になりそうで、チームに余裕が無ければ、法政大・菅野秀哉投手や東洋大・甲斐野央投手、Honda・齋藤友貴哉投手、日体大・松本航投手、というエース級の力がある投手の指名となりそうだ。その年のNO.1を狙うという方針の日本ハムだが、今年は今のところ誰が絶対的なNO.1という判断は難しく、評価が並べばチーム状況が優先される事になる。それでも、例えば根尾選手が甲子園で投打に大活躍を見せれば、根尾選手を選択することにはなるだろう。

1位の指名次第で2位は高校生内野手、先発投手となりそうだが、捕手を持ってくる可能性もある。捕手として目立った存在としては早稲田実の野村大樹選手がいるが、捕手に転向してまだ時間も短く、進学かプロ入りかが分からない。即戦力ならば上武大・吉田高彰選手や亜細亜大の頓宮裕真選手などがいるが、ドラフト2位という順位では今のところ高い気もする。従って、捕手を3位以降で獲得できるならば、即戦力投手で東海大・青島凌也投手、八戸学院大・高橋優貴投手、国学院大・清水昇投手、関西大・山本隆広投手、名城大・栗林良吏投手などを狙いたい。

3位以降では捕手、高校生内野手、高校生外野手、高校生投手の獲得が予想される。中央学院の大谷拓海選手、波佐見の内野裕太選手や明豊の浜田太貴選手などを獲得できると面白いかもしれない。高校生投手では大阪桐蔭の横川凱投手や近大付の大石晨慈投手、八千代松陰の清宮虎太朗投手、浦和学院の佐野涼弥投手、また故障から復活が期待できれば、明桜の山口航輝投手や中央学院大の石井聖太投手なども面白そうだ。

北海道日本ハムファイターズのドラフト会議


PAGE TOP