北海道日本ハムのドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団の予想、北海道日本ハム編。

北海道日本ハム

〇タイプ:NO.1選手指名、育成だが即戦力型
〇監督:野手出身、攻撃中心
〇決定者:吉村浩GM
〇補強ポイント:遊撃手、先発投手、
〇近況:根尾昂投手などをリストアップ

北海道日本ハムはドラフト1位で大谷翔平選手や有原航平投手、清宮幸太郎選手などを獲得、ドラフト1位で大物選手を獲得し、その選手がしっかりと結果を残すまで育ってチームを支える育成型のチームである。ただし、「2年目にはファームで主力になると判断できる選手」を獲得する方針を吉村GMが打ち出しており、基本的に3年以上かけて育てるような選手はあまり獲得せず、球団の保有人数枠も65人前後にして、ファームでも全選手が試合に出場できるような環境にしている。

そのために積極的にトレードも行い、岡選手など1軍の戦力を手放すことも多いが、抜けてもあまり影響のない陣容を各ポジションで保っている。フロントの指名戦略、そして育成の戦略が見事に機能していると言える。

栗山監督は基本的に攻撃が中心の監督といえ、強気の攻めが目立つ。大谷選手を使いながら育て、我慢して使える監督で、それに応えて若い選手も結果を残す。野手もレギュラーを固定しつつも清宮選手、石井選手、渡邉選手などを起用し、投手でもリリーフで一人に大きな負担がかかるような感じではなく、まんべんなく力を残せる投手がいる。

陽選手、大谷選手、大野捕手、増井投手など主力が続々と抜けた。流動性が高いチームで大きなマイナスになりそうな感じがあるものの、しっかりと穴を埋める選手が出てくる。これだけ抜けてもガタガタにならない地盤がしっかりとしている。

ポジション

捕手:清水、鶴岡(ここまででほぼ固定)、石川
一塁手:中田(ほぼ固定)、清宮、横尾
二塁手:渡邉、横尾、田中、石井、杉谷、太田
三塁手:レアード、(ほぼ固定)、横尾、太田、石井
遊撃手:中島(ほぼ固定)、石井、太田、平沼
外野手:西川(固定)、近藤、大田、松本(ここまで主)、浅間、アルシア、清宮、姫野

先発投手:上沢、マルティネス、加藤、有原(ここまで主)、ロドリゲス、高梨、堀、杉浦、村田、上原
リリーフ投手:宮西(固定)、石川、トンキン、公文、玉井、浦野、井口、鍵谷、西村

補強ポイント

特に喫緊の課題と言える補強ポイントは、今のところ見当たらない。野手を見ると、捕手で若い選手が競い、内野手でもだれかが抜けてもバックアップの選手が、ショート、セカンド、サードを守れる雰囲気がある。外野手も岡選手が抜けても石川選手が抜けても浅間選手、松本選手がおり、来年からは清宮選手がレフトに入る体制もある。

その中で今年の補強だが、さらに上のステージに行くためには、全体的にレベルアップというよりは、ピンポイントで高い柱を立てたい。外野手に清宮選手が入るので内野で、中島選手、渡邉選手、石井選手、横尾選手の頭を飛び越えそうな選手を獲得したい。

外野手についても清宮選手が長距離タイプで守備や肩に不安があるのと、西川選手の役割が大きくなっていることから、センターを守れる守備範囲が広くて肩もある外野手がほしい。ただし外野手は基本的に高校生が主で、他のポジションから打撃を生かす形で来ることが多いので、即戦力外野手の指名の可能性は薄そうだ。

捕手は石川亮選手、清水優心選手、郡拓也選手の成長が見られ、今後、高いレベルの争いをしそうで今のところ心配はないが、打撃を生かして外野手などに回す事も考えられ、捕手が全く候補に入らないという事はなさそう。

投手でも高い柱を打ち立てたい。大谷選手が抜けた事で有原選手などにやや油断が出ているか。本当に力のある投手を加えたい。これまでも特に左右にこだわりを見せていない事から、左右関係なく本格派、エースの姿を持った投手を獲得したい。

リリーフも宮西投手が絶対的で西村投手などもいるが、リリーフ投手のサイクルは早くなりがちで、早めに補強をしたいところ。指名がありそうだ。

ドラフト候補は

内野手の高い柱になりえるのは、大阪桐蔭の根尾昂選手で間違いないだろう。ただし、根尾選手を獲得できなかった(しなかった)場合には、変わりの内野手が必要というような状態ではない。その場合には先発投手の柱を持ってくることになる。このあたりが他球団とは違う所だろう。ただし、早稲田実の野村大樹選手を根尾選手クラスに評価してくるかもしれない。

先発投手ならば2年以内に投げられる投手で、エースの格を持ちそうな投手だと、日体大・松本航投手、東洋大・上茶谷大河投手、早稲田大・小島和哉投手、日本通運・生田目翼投手、三菱重工名古屋・勝野昌慶投手、トヨタ自動車・富山凌雅投手あたりが候補に挙がってきそう。特に生田目投手は、日通に復帰した武田久氏から、性格や態度などをしっかりチェックをして、上で指名してきそうな感じがする。または、聖心ウルスラの戸郷翔征投手を高く評価しており、指名があるかもしれない。

その次となると、肩や足のある外野手がほしい所。立命大・辰己涼介選手、大阪桐蔭・藤原恭大選手、大阪ガスの近本光司選手が候補となるが、前述のように外野手は高校生出身が基本となりそうで、藤原選手がいなければ、上位では指名はなさそうだ。

上位以降は、各ポジションで2年以内にファームで活躍する可能性がある高校生や、2年くらいで1軍でプレーできそうな、基本的に内野手・捕手の指名となる。高校生ならば関東第一・石橋康太選手、遊学館・牧野翔矢選手、明秀日立の増田陸選手、中越の坂井翔太選手、延岡学園の小幡竜平選手や未来沖縄の宜保翔選手が、大学生ならば明治大・渡辺佳明選手や東洋大・中川圭太選手の指名という事になりそう。

外野手の指名の可能性は少なさそうだが、浅間選手や森山選手など、まったく指名しないわけではない。万波中正選手や松井義弥選手が意外と時間がかからないと踏むか、または明豊の濱田太貴選手や明桜の山口航輝投手を高く評価するかもしれない。大学生でも立正大・小郷裕哉選手や明治大・逢澤崚介選手、社会人でも東京ガスの笹川晃平選手を評価して残っていたらいくかもしれない。

投手では、八戸学院大・高橋優貴投手、富士大・鈴木翔天投手、国学院大・清水昇投手、関西大・山本隆広投手、名城大・栗林良吏投手、東芝・岡野祐一郎投手、NTT東日本の堀誠投手など、またリリーフ候補として駒澤大・白銀滉大投手、Honda鈴鹿の瀧中瞭太投手、SUBARUの高橋史典投手、JX-ENEOSの鈴木健矢投手、左澤優投手なども候補に挙がる。

高校生投手では大阪桐蔭の横川凱投手や山梨学院・垣越建伸投手、習志野・古谷拓郎選手や、下関国際・鶴田克樹投手、藤嶺藤沢の矢澤宏太投手のように野手としての可能性もある投手も比較的獲る印象がある。

1,2位指名予想

  1位 2位
パターン1 根尾昂 勝野昌慶
パターン2 根尾昂 小島和哉
パターン3 松本航 野村大樹

高校生を1,2位でそろえる指名はほとんどないため、根尾選手ならは2位は即戦力投手の可能性が高くなる。1位で即戦力投手となれば、2位では高校生野手となるが、日本ハムの順番まで野村選手が残っているかは微妙、すでに指名されていた場合には関東第一・石橋康太選手などを指名しそう。

北海道日本ハムファイターズのドラフト会議


PAGE TOP