東北楽天ドラフト6位・早稲田大の西垣雅矢投手に指名あいさつ

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天は、後関スカウト部長、沖原スカウトが早稲田大を訪問し、ドラフト6位で指名した西垣雅矢投手に指名あいさつをした。

スポンサーリンク

秋にベストナイン

担当した沖原スカウトは、西垣雅矢投手について、「先発だったら10勝、中継ぎなら年間50~60試合投げられる投手」と高く評価していることを伝えた。西垣投手も「まずはプロの世界に入って1軍に1年間ケガなく帯同することを一番目標にしています」と話した。

西垣投手は報徳学園時代に、キレの良いストレートとフォークボールで甲子園でも好投を見せ、プロも注目した。早稲田大でも1年春、秋に1勝0敗、2年春に2勝2敗の成績を残すが、その後、結果を出せなくなり、投球の模索をしていた。

その結果、動く球を駆使する投手となると、4年春は球威が少し失われ0勝3敗だったものの、それを反省して夏に球威を取り戻し、この秋は3勝1敗、防御率1.02でベストナインに輝く投球を見せた。

プロでどんなタイプの投手になるのか、まだ将来像が見えないところがあるが、ストレートの強さはさらに必要だと思う。まだまだ体が作れると思うので、下地となるものをしっかりと作りたい。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

150キロを計測する直球とフォークが武器の右腕。今年の東京六大学野球秋季リーグ戦では7試合に登板し3勝1敗、防御率1・02で、ベストナインにも輝いた。「まずはプロの世界に入って1軍に1年間ケガなく帯同することを一番目標にしています」と意気込み、沖原スカウトは「先発だったら10勝、中継ぎなら年間50~60試合投げられる投手」と期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント