楽天がドラフト2位の小孫竜二投手と仮契約、3度のドラフト指名漏れから

2020年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

東北楽天は、ドラフト2位で指名した鷺宮製作所の小孫竜二投手と、契約金8000万円、年俸1200万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

156キロ右腕

小孫竜二投手は、遊学館高校時代に140キロ中盤の速球を投げてプロも注目したが、プロ志望届を提出も指名漏れとなり、創価大に進む。大学では1年目から実績を積み上げると、3年秋に5勝を挙げる。150キロを超すストレートに得意のスプリットを投げ、杉山晃基投手(2019ヤクルト3位)、望月大希投手(2019日本ハム5位)とともにプロが注目した。

しかし、二人がドラフト会議で指名される中で再び指名漏れとなり、鷺宮製作所に進んだ。指名解禁となった昨年もドラフト前に奮闘を見せていたが3度目の指名漏れを経験していた。

それでも、今年はチームに就任した幡野投手コーチと出会い、最速は156キロを記録すると、常に抑えられるような絶対的な投手になっていく。今年のドラフト会議前には中日なども1位候補に名を挙げるなど、今年は指名漏れは無いという状況の中で、東北楽天が2位で指名した。

小孫投手は「先発だったら2桁勝利できるようにしたい。ここ一番の制球力だったり、大事な場面でいかに抑えられるか大事なので、キャンプに向けもう1個精度あげられたら」と話す。

人間万事塞翁が馬、人生を感じさせる小孫に注目せざるを得ない。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【楽天】ドラ2小孫竜二1200万円で契約合意「先発だったら2桁勝利できるようにしたい」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
楽天ドラフト2位の鷺宮製作所・小孫竜二投手(25=創価大)が来季契約に合意した。16日、都内のホテルで契約交渉を行い、契約金8000万円、年俸1200万円(金… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント