花巻東・大谷翔平選手が9日に会見、北海道日本ハム入りを表明へ

高校野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 9日に会見を開くこととなった花巻東・大谷翔平選手、北海道日本ハムの山田GMによると、6日に大谷選手側から「9日に決断を表明します」という連絡があり、栗山監督が「私も行きます」と話して会見に同席することとなったとのこと。

 まだ決断の内容は聞いていないということだが、「ここまでやってもらったから、直接言いたいとのことだった」と話し、直接、目の前で、北海道日本ハムの入団を伝えたいという大谷選手の想いだった。

 山田GMは「自分で最後に結論を出すということ。本人の口から改めて言うと思います。いよいよですね」と話した。ドラフト会議から1ヶ月半、指名挨拶を2度、交渉を4度行ってきた。長く感じたこととおもうが、スカウト冥利に尽きるだろう。

 入団会見の模様をできればLIVEで見たいものだ。

大谷、栗山監督同席で日本ハム入り表明へ - サンケイスポーツ:2012/12/8

 ついに大谷が自身の口で日本ハム入りを表明する。山田GMによると、6日に大谷側から「9日に決断を表明します」と連絡があったといい、前回3日の交渉後に「何回でも足を運ぶ」と話していた栗山監督は、「私も行きます」と出席を希望したという。

 

 大谷はドラフト4日前の10月21日に米大リーグ挑戦を表明。同25日のドラフトで指名された直後は、日本ハム入団の可能性について「自分自身の考えとしてはゼロ」と完全否定したが、交渉を重ねるうちに気持ちが揺らいできた。

 球団関係者は大谷本人からまだ結論を聞いていないとした上で「ここまで(日本ハムに)やってもらったから(9日に)直接言いたいとのことだった」と説明し、山田正雄GMも「契約事は分からないが、そう(入団)なってくれれば一番いいね」と話した。

 会見には大谷本人と父の徹さん(50)が出席。球団から栗山監督、山田正雄GM、大渕隆スカウトディレクターが同席する。指揮官は11日からハワイ優勝旅行を控えるが、大谷のためなら「毎日でも、100回でも行く」と語っていた通り、多忙にもかかわらず入団表明の舞台に駆けつけることになった。

 中略 

 山田GMは「自分で最後に結論を出すということ。本人の口から改めて言うと思います。いよいよですね」と、その瞬間を心待ちにした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント