北海道日本ハム、栗山監督は3度の抽選を外す

東海大甲府, 渡邉諒, 浦野博司, セガサミー

 北海道日本ハムは2010年に斎藤佑樹投手を抽選で獲得し、2011年は菅野智之投手の驚きの1位指名、2012年はこれも驚きの大谷翔平選手単独指名と1位指名でドラフト会場をにぎわせてきたが、今年も別の意味で注目される事になった。

松井裕樹投手を指名

 当初より桐光学園・松井裕樹投手の1位指名が予想され、山田GMも今年は「オーソドックスにいく」と話していたとおり松井裕樹投手を指名した。横浜DeNA、福岡ソフトバンク、中日、東北楽天で5球団の指名重複となり栗山監督が「いの一番」でくじを引いたもののくじは残り物の東北楽天の手に渡った。ここまではまた想定内といえる。

栗山監督も絶句

 北海道日本ハムは外れ1位で日本生命の柿田裕太投手を指名したが、こちらも阪神の指名が予想されており重複が予想されていた。横浜DeNAも指名して3球団の重複となり、また一番目に引いたものの横浜DeNA・中畑監督が隣でガッツポーズをする。

 今度は指名候補を左腕投手にし岩貞祐太投手を指名するも再び阪神と重なり抽選で外す。結局、栗山監督は3度の抽選を外した。

 ドラフト前には「くじ運が悪い」と当たる気がしないというような発言をしていたが、それが現実になってしまった。「2回くらいはあると思ったけど、3回外すとは思ってなかった」と話した。

終わってみれば

 ドラフト1位では東海大甲府の渡辺諒選手を指名した。そして1番目に指名する2位指名はセガサミーの浦野博司投手を指名した。二人とも他球団が外れ1位候補に挙げていた投手で、渡辺諒、浦野博司の1位2位指名といえば、今年のドラフトを見て来た人であれば、悪くない、むしろ良い指名と思うだろう。

 内野手が世代交代をしている北海道日本ハムにおいて、渡辺諒選手は今後中心となってく。2011年のドラフト2位・松本剛選手も刺激されるだろう。また浦野博司投手もフォームに力感が無く斎藤佑樹投手に近いような印象があるが、大学時代には150km/hの速球を低めに投げていた力がある。

 3度目の正直もかなわなかった。日本ハムの栗山監督はすべて右手で最初にクジを引いたが、「なかなか当たりがなかった。すみません」と頭を下げた。10年のオリックス(当時岡田監督)以来、史上2度目の抽選3連敗。「2連敗は想定していたけど、3回外すとは考えていなかった」と目を潤ませた。

 松井への思いを、桐光学園のチームカラーである紺のスーツとえんじのネクタイに込め、同校マウンドの土も尻のポケットに忍ばせた。しかし、5球団競合で敗れ、「できる限りのことをしたけど。野球の神様が選んでいると思う。いい戦いができれば」と惜別のエールを送るしかなった。

 続けて即戦力投手を狙ったが、日本生命・柿田裕太は3球団と、横浜商大・岩貞祐太は阪神との競合で逃した。昨年はリーグ優勝し、メジャー志望だった大谷の強行指名が実ったが、一転して今季は最下位で、ドラフトのクジも完敗。それでも、1位の東海大甲府・渡辺諒内野手(18)、3位の明大・岡大海内野手(22)、7位の花巻東・岸里亮佑外野手(18)と今年も投打二刀流だった有望株を野手としてゲット。「シーズンと一緒。悪いものは今年一年で終わってほしい」。指揮官の切なる願いが響いた。

 1位指名した桐光学園・松井、外れ1位の日本生命・柿田、そして横浜商大・岩貞とクジ引きで“3連敗”となった日本ハム・栗山監督は「なかなか当たり(くじ)がなかった。3回外すとは思っていなかった」と苦笑い。

 最終的には18Uワールドカップに高校日本代表として出場し、キューバ戦で本塁打を放つなど打率・367の好成績を残した東海大甲府の渡辺諒内野手を指名。遠投103メートル、50メートルは6秒1という逸材に「スラッガー系の打者がどうしても欲しかった。すぐにでも使える。安心してプロに飛び込んでほしい」とラブコールを送った。


PAGE TOP