日本ハム、専修大のアンダースロー・高橋礼投手をリストアップ

専修大, 高橋礼

北海道日本ハムは、専修大のアンダースロー・高橋礼投手をリストアップしている。

変則投手が活躍

高橋礼投手は187cmの右のアンダースローで、140キロ前半を記録する球威のある球を投げる。主にリリーフで登板をしていたが、今年に入ると緩急を使えるようになり、先発で結果を残して注目されている。

北海道日本ハムはこの高橋投手について、先日の試合を栗山監督、木田GM、山田スカウト顧問などが視察をしており、その中の誰かが「いい投手」と話し評価をしているという。

チームではこれまで建山投手、マイケル中村投手、宮西投手と変則投手が活躍し優勝に貢献をしており、いろいろなタイプの投手を揃えて戦う傾向があり、アンダースローの高橋投手は魅力がある。

高橋投手のは東京ヤクルトが注目し、また阪神が熱心に注目しているという報道もあった。各球団の熱が高まってきており、3位4位で指名される可能性がある。

2017年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

下手右腕に注目 日刊スポーツ紙面 2017/10/16

PAGE TOP