巨人が入団テストを行い、投手3人、内野手1人が通過、例年になく高いレベル

巨人ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 セ・リーグ優勝を達成した巨人が同じ日に、プロ野球を目指す選手を対象に入団テストを行った。

 テストには93人が受験し、50m走と遠投の1次テストを54人が通過、2次の実技テストでも投手3人、内野手1人が通過し、10月24日のドラフト会議の指名リストに加わった。山下哲治スカウト部長は「今年は例年になくレベルが高かった。育成も大事だと思っているし、内容が非常に良かった」と話した。

 昨日の広島の入団テストでも投手4人、野手3人が通過した。掘り出し物というべき素晴らしい選手を見つけることができた事で、入団テストの価値が高まりそうだ。

最終的な合格はドラフト会議での指名が発表の場となる。ドラフト会議で指名を待つ選手の中に、こういう選手がいる事も忘れずに注目していたい。

 巨人は22日、「新人テスト」をジャイアンツ球場で行った。今年は93人が参加。50メートル走(6秒3以内)と遠投(95メートル以上)のテストを通過した54人が実技テストに臨んだ。投手はピッチング、野手はバッティングと守備を行った結果、4人(投手3人、内野手1人)が通過した。10月24日のドラフト会議で最終的な合否が決定する。山下スカウト部長は「今年は例年になくレベルが高かった。育成も大事だと思っているし、内容が非常に良かった」と総括した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント