巨人のドラフトの狙い(2018)

富山凌雅, 齋藤友貴哉, 藤原恭大, 辰己涼介, 山本隆広, 東妻勇輔, 森下翔太, 堀誠, 白銀滉大

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は巨人編。

ソフトバンク広島カープ埼玉西武阪神東北楽天横浜DeNAオリックス

読売

〇タイプ:即戦力型、取捨選択型
〇監督:野手出身、バランス重視、総合力重視
〇決定者:鹿取GM、岡崎スカウト部長
〇補強ポイント:主軸打者、リードオフマン、リリーフ投手、先発投手
〇近況:スカウト会議で大阪桐蔭の根尾昂内野手など約180人リストアップ

巨人は常に優勝が求められるチームで、資金力もありFAなどで他球団で活躍した選手を獲得できるチームである。しかしファンや球団関係者からも生え抜きがいないという意見が盛ん出るなど、育成力の強化も図っている。阿部選手、坂本選手、長野選手などの生え抜きがやはりチームの主力として引っ張り、FAで移籍した村田選手が戦力外になるなど、やはり生え抜き選手を求める部分がある。

それでもドラフトでの指名は即戦力志向が高く、過去5年間でドラフト1位2位10人のうち、高校生は2人と少ない。3位、4位でも即戦力選手を指名する事が多く、育成枠でも比較的大学生の選手が多い。巨人の育成方針は競争、2017年のドラフトでも即戦力捕手を2位、3位で指名、また4位5位6位で即戦力内野手を指名し、補強ポイントのポジションに、複数の即戦力選手を入れて厳しい競争をさせる。それは育成部門でも同じで、日本ハムのようにファームで選手に試合を経験させて育てるというよりは、ファームでも大勢の中から、まずは試合に出場するポジションを競う必要がある。使える選手を上に挙げ、ポジションを奪えず成績を残せなかった選手はチームを去っていく。

高橋監督のチーム方針はなかなか見えにくい。コーチの役割分担を非常に重視し、各コーチの意見を尊重していくタイプ。結果的に投手力・野手力のバランスを重視している形になっている。また、選手の補強についても現場の意見を総合してフロントに伝えるが、誰を獲得するかなどは、「フロントに任せる」としている。それでもフロントは、補強ポイントで多くの選手を獲得し、監督との連携は取れている。

フロントは岡崎スカウト部長の体制が2年目、井上チーフスカウト、福王東日本統括スカウトなど、現場指導者がスカウトとして各地を回る。そして昨年、鹿取GMが誕生し、野球経験者によるフロントの体制がさらに強くなった。

チーム状況は昨年はBクラスに転落した。FAで獲得した山口投手、陽選手、森福投手などが思うような結果を残せず、ベテランの選手の復活的な活躍も見られなかった。投手では菅野投手、マイコラス投手、田口投手が素晴らしい結果を残し、ルーキーの畠投手も終盤に6勝を挙げて勢いをもたらした。しかし打線では坂本選手とマギー選手が支えたものの、なかなか歯車がかみ合わず、大きな連敗も経験した。終盤になり、陽選手の1番や村田選手を起用して盛り返したが、3位には届かなかった。

野手から見ると守備のポジションは、遊撃手が固まっているのが大きい。坂本選手は不動のレギュラーとして、打撃面でもチームを支える素晴らしい選手だと思う。しかしそれ以外のポジションがはっきり固まっていない。

内野手では村田選手を戦力外にするまでして、サードのポジションを空けた。若い岡本選手を待つほか、昨年はセカンドを守ったマギー選手を入れる。そしてセカンドには競争の中で吉川選手の成長を待つ形となる。小林捕手は経験も積み、一本立ちするかとみられたが、昨年のドラフトで即戦力2人を獲得し、首脳陣はまだ物足りなさを感じているのだろう。外野手でもベテランの陽選手に故障が多い長野選手、亀井選手もベテランとなり、若い選手の登場が待たれる。

ファームを見ると2ケタホームランは岡本選手の10本、他は外国人選手で和製大砲候補がいない。主軸はマギー選手や阿部選手、坂本選手となるが、やはり若い選手の活躍が待たれる。岡本選手が今年結果を残すかどうか、温かい目でスラッガーを育てて欲しいが、昨年獲得できなかったスラッガー候補を獲得をしたいところ。

リードオフマンタイプでは、セカンド・吉川が定着すれば非常に安定する形となる。ただし、ルーキーの田中選手も実績も能力も高い選手で、1番セカンドをどちらが奪うかが注目される。当面はセカンドの補強はしなくてもよいと思える。

投手では先発で大エースとの菅野投手と、2ケタ勝利の田口投手、そして2年目となる畠投手の3枚が揃った。マイコラス投手の抜ける穴は気になるが、FAで獲得した野上投手に昨年の山口投手、そして内海投手、大竹投手などのベテラン、新外国人投手など数はいる。ドラフト1位ルーキーで故障が発覚した鍬原投手も焦る必要は無さそうだが、桜井投手も含めてもう一人若い投手が出てくると、安定期に入りそう。

リリーフはマシソン投手が圧倒的な力を見せるが、カミネロ投手との2枚が担っている。西村投手や池田投手などがつないだものの、左の山口投手、右の沢村投手が厳しくなり、FAの森福投手も期待通りとはならなかった。マシソン投手は日本でもう長いが、ある程度仕事をしたら帰国してしまう事もあるので、日本人のリリーフの軸になる存在を作りたい。

 

ドラフト候補は

主軸候補としては、東海大相模の森下翔太選手の獲得ができれば夢がある。またリードオフマンとしても大阪桐蔭の藤原恭大選手、立命館大の辰己涼介選手など足があり長打力もある身体能力の高い選手を獲得すれば、やや停滞している外野手の争いが厳しさを増すことになりそう。

また即戦力の獲得が多いものの、将来の内野手を育てるという事であれば、太田椋選手、小園海斗選手を獲得したい。二人ともショートとして長年プロでやっていける選手だと思う。

リリーフ投手では勢いの良い投手が多いが、即戦力が求められそうで、日体大の東妻勇輔投手、Hondaの齋藤友貴哉投手などは1年目からリリーフでもできそうだ。また打ちづらさのある駒澤大の白銀滉大投手など変則フォームの投手もリリーフの枚数に加えたい。

先発ではトヨタ自動車の富山凌雅投手、関西大の山本隆広投手や、制球力の高いNTT東日本の堀誠投手、東芝の岡野祐一郎投手、パナソニックの吉川峻平投手、技巧派として臼井浩投手などは、秋には候補として挙がっていそうだ。

 

読売ジャイアンツのドラフト会議


PAGE TOP