巨人、ドラフト1位指名候補に高松商・浅野翔吾選手

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

巨人が10月20日に行われるドラフト会議で、高松商の浅野翔吾選手を1位指名する可能性があると報じられている。

スポンサーリンク

高校生外野手の1位での入団は初

巨人は浅野翔吾選手についてこれまで水野スカウト部長が「期待通りの打撃。プロに入ってどこまでやるのか見てみたい選手」と絶賛しており、U18代表として8月30日の立教大との練習試合でも岸スカウトが「初打席から安打を打てるのはさすが。チームを引っ張らないといけないという姿勢もあって声も出ていた」と評価、アメリカで行われるU18W杯にも岸スカウトが視察のために派遣される。

巨人は2017年に清宮選手、村上選手を1位指名したものの抽選で外れ、また2020年にも佐藤輝明選手を1位指名したものの外れて、それぞれ即戦力右腕投手の指名へと変更している。ドラフト上位でスラッガータイプの選手の指名は、2014年の岡本和真選手以来ない状況となっている。

岡本選手も球界を代表するスラッガーとなる中で、FAで獲得した丸選手、中田翔選手を獲得し4番で起用しているが、中田選手も33歳とベテランの域に入っており、岡本選手と並ぶようなスラッガーの獲得は補強ポイントとなる。また、外野手も丸選手と外国人2人が並ぶ形となっているが、丸選手以外は固定されていない。

巨人が高校生野手を1位で獲得すれば、松井秀喜選手も入団時は内野手だったため、史上初となる。浅野選手は高校NO.1スラッガーとして他球団も1位指名の可能性があり、まずは縁があるかどうかということになりそうだ。

2022年ドラフト指名予想
 2022年ドラフト指名予想です。
読売ジャイアンツ、過去のドラフト指名一覧
読売ジャイアンツ公式ページ 読売ジャイアンツドラフト掲示板 読売ジャイアンツドラフト指名予想 読売ジャイアンツ過去のドラフト指名 過去3年間:投手25名(右17、左8)、野手19...
巨人ドラフト1位に浅野が浮上 高松商1メートル71世代最強スラッガー 高校生外野手は球団史上初 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 巨人が10月20日のドラフト会議で高松商(香川)の浅野翔吾外野手(17)を1位指名する可能性があることが5日、分かった。高校生外野手の1位での入団となれば球団史上初となる。今夏甲子園で3本塁打を放つなど高校通算67本塁打を誇る右の大砲はこの日、米フロリダ州で行われるU18ワールドカップ(現地9日開幕)へ向け羽田空港か...

身長は1メートル71ながら広角に長打を量産するパワフルなスイングが浅野の最大の魅力。外野手として俊足を生かした守備範囲の広さと、強肩も兼ね備える。2年生だった昨夏の甲子園でも注目を集めていた逸材は今夏の佐久長聖戦で2打席連続アーチ。水野雄仁スカウト部長も「期待通りの打撃。プロに入ってどこまでやるのか見てみたい選手」と絶賛していた。球団は主将としてチームをけん引するリーダーシップや、注目されるようになっても変わらない謙虚な人間性も高く評価する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント