福岡ソフトバンク、育成ドラフト3選手と契約

福岡ソフトバンクドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 福岡ソフトバンクは育成ドラフトで指名した3選手と契約を結んだ。育成ドラフト1位、BCリーグ群馬の八木健史捕手は支度金300万円、年俸400万円、育成3位の東農大オホーツク・飯田優也投手とは支度金300万円、年俸400万円、育成4位の三重中京大・宮崎駿選手とも支度金300万円、年俸400万円でのスタートとなった。

 八木捕手は群馬ダイヤモンドペガサスの正捕手として、ディフェンス面で高い評価をされている。課題はBCリーグでも打率2割台前半の打撃。飯田投手は185cmの左腕投手。ストレートは143kmで登板機会もまだまだ少なく、素材型の大型左腕投手。宮崎選手は50m6.0秒の俊足で今年秋に首位打者になるなど、最後に成長を見せた。今年度で廃校となる三重中京大の最後の戦士として、東北楽天に2位指名された則本昂大投手と共に名前を残していく。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント