東洋大が推薦合格者を発表、帝京・石倉嵩也投手、浦和学院・笹川晃平選手が合格

大学野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 東都大学リーグでここ数年、大場翔太、藤岡貴裕などで黄金時代を築いていた東洋大だが、今秋のリーグ戦で最下位となり、入れ替え戦で専大に連敗して2部降格となってしまった。戦国東都、一瞬の隙も許さないリーグだ。

 2部となった東洋大だが、来年も優秀な選手達が入部しそうだ。浦和学院の笹川選手は18U世界選手権にライトれレギュラー出場し、バックホームで何度も刺殺を見せた強肩を持つ。守備ではイチローにようになれる選手。帝京・石倉投手は小柄ながら142kmを記録する左腕、愛工大名電・鳥居選手、常葉橘・城戸選手も鋭い打球を打つ左バッター。

 1部復帰のため、新戦力の活躍に期待したい。

ポジション名前高校
投手伊藤優作今治西
前田凌平都城泉ヶ丘
石倉嵩也帝京
捕手沢田快斗新湊
内野手鳥居丈寛愛工大名電
久保聖也桐蔭学園
城戸健太朗常葉橘
藤本和豊静清
寺尾竜生佐久長聖
上島基幹佐久長聖
阿部健太郎帝京
外野手中島廉太東洋大姫路
笹川晃平浦和学院
安西聡聖光学院
立石悠汰佐世保実
西村祐亮広陵
茶谷良太東北

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント