福岡ソフトバンク、ドラフト1位に高橋光成投手検討

高校野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 福岡ソフトバンクが前橋育英・高橋光成投手の1位指名を検討していることが分かった。

ドラフト直前に決定

 日刊スポーツによるとプロ・アマの関係者の話として、球団内で高橋光成投手の評価が急上昇しているようだ。

 この時期はプロ志望届を提出した選手とプロ側が交渉をしており、どの球団がどの選手をどのくらい評価しているのかという情報が漏れる事が多い。今回の記事もそこからの情報だとみられる。

 福岡ソフトバンクは今季はリーグ優勝をしたものの、投手では摂津投手が結果を残せず、外国人やFAで獲得した中田選手、それに病気から復帰の大隣投手に頼る形となった。リリーフでも五十嵐選手や岡島投手などのベテランに負うところも大きい。

 東浜巨投手、加治屋蓮投手と即戦力を指名しながらもドラフト1位投手がなかなか戦力になっていない中で、今年も即戦力の早大・有原航平投手や済美・安楽智大投手が中心となりそうだが、高橋光成投手も即戦力として高く評価しているという情報がある。

 いずれにしても昨年もドラフト前日のドラフトで1位指名・松井裕樹投手を決定しており、今年もドラフト直前で決めるとみられる。

 

くじ引きを回避?

 福岡ソフトバンクは昨年のドラフトで桐光学園・松井裕樹投手を指名したものの抽選で外し、杉浦稔大投手も抽選で外した。ドラフト前には抽選に臨む人選で、東浜投手などを引き当てた王会長が交代を申し出たものの、秋山監督やフロントが嫌がり、結局王会長が臨んだものの、くじ運に見放されていた。

 有原航平投手、安楽智大投手は抽選が確実とみられ、その辺も微妙に影響をしている?かもしれない。今年は担当スカウトなどに任せるのかわからないが、気概を持った人が抽選に臨んだ方が良いのではないだろうか?

 

ソフト1位候補に光成が急浮上 日刊スポーツ紙面 2014/10/13

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント